▶▶当院のコロナ対策

HSPってご存じですか?過敏で生きづらい30代女性が笑顔になってくださいました②

何で私だけ、こんなに過敏なんだろう?
良くならなかったらどうしよう?
不安になりますよね。
あなただけではないですよ。

HSPの解決法

30代の女性のHSPの方の続きです。
どうぞご覧になってください。

参考にご覧ください

発達障害、愛着障害、感覚処理障害

過敏症の方は、睡眠不足や二日酔い、疲れすぎても悪化しやすいです。
自閉症スペクトラムでも、よくみられます。

お子さんの場合ですと、できるだけ早く親御さんが見つけてあげて、サポートしてあげるのが良いと言われています。

また、小さい子供のうちに、ちょっと他の子と反応が違うからと、親から虐待を受けたり、親の離婚問題で引き離されたりすると、愛情不足となり、親に甘えることが出来ずに育ってしまう、愛着障害にもなってしまう可能性もあります。

統合失調症でも過敏症になる可能性があります。

神経系疾患では、脊柱管狭窄症、むち打ち、線維筋痛症なども過敏症が起こることがあります。

感覚処理障害は3つに分けられます。

  1. 感覚調整障害(感覚をほどよく調整できない)
  2. 感覚識別障害(どこを触られてるかわからない)
  3. 感覚因性運動障害(姿勢の保持が困難、手先が不器用)

愛着障害

不安型

この前のテストで③に当てはまるタイプです。

回避型

この前のテストで⑦に当てはまるタイプです。

愛着障害の解決のヒント

愛着とは生理学的、生物学的な反応です。
人は安全基地がないと、冒険できません。
そうやって自立というものが生まれていくのです。

だから母親の愛情をいっぱいに受けて育つことって本当に大切なんです。
愛着不安のある方は、突然の事態が苦手です。
サプライズがダメです。
想定外のことに、とてもストレスを感じます。

愛着不安のある子供は右の前頭前野がとても活発に活動することが知られています。
回避型の方は左前頭前野が活発になることが知られています。

脳の左は理性です。
だから回避型の方は泣き叫んだりせず、常に理性的な感じの傾向にあります。

不安型の人は、右前頭前野ですので、母親が見えなくなるだけで、泣け叫んで、後追いをすごくする傾向にあるのです。

過敏が身体の症状に出てくる

ストレスを感じて体に現れてくる自律神経症状と同じですが、いろんなケースが考えられます。

心身症

胃潰瘍、高血圧、糖尿病、過敏性腸症候群、メニエル病など
身体表現性障害、疼痛性障害になることもあります。

身体化

頭痛、めまい、下痢、腹痛、吐き気、頻尿、過敏性腸症候群など
これらは子供のころの環境なども原因となることが多いです。

性格から考える

また性格もあります。

①我慢強い性格(心身症)

自分の気持ちをあまり言わない。
辛いことや苦しいことを表に出さない。
回避型の人に多いです。

限界を超えた時に体の症状として出てしまうのです。

特徴としては低登録であるということです。
(低登録とは感覚の閾値が高く、反応が起きにくい傾向のことです。痛いはずなのに、「全然、痛くない」というような方です。感覚を感じにくくしてしまっている可能性があります。)

②ストレスに対して大袈裟すぎる(身体表現性障害)

大袈裟に騒ぐと、構ってもらえるので、甘えることができる手段となっている場合もあります。
愛情不足で愛情に対する不安が強い傾向にあります。

どうやって対応していけばいいのか

①刺激量を減らす

まずは、その方の問題となっている刺激の量を減らすことです。

例えば、高音や子供の声などの音がすごく気になる方ですと、テレビを付けっぱなししないようにしたり、長時間同じ姿勢で同じことをしないようにしてください。

スマホのする時間を減らしてください。情報入力は余計な疲労を産んでしまいます。
過敏な人と接する時は、ずっとしゃべったりせずに、沈黙も大切にしてください。

自分の中からもいろんな悩みが次から次へと出てきますので、処理できなくなって、イライラしたり、パニックを起こしそうになります。

こんな時は、今思っていることを紙にまとめていくこともいいですよ。
そして、できることは自分でする!出来ないことは人に頼るようにしてください。
全部自分で処理できないことが多いです。

特に、夜寝る前に考えないでください。
昼間、できるだけ考えてください。そして、昼間3時間考え込んで、解決しないことは、今、解決できない問題だと割り切ってください。

当院では施術でも、いろいろ検査しながら、施術量を調節させていただいております。

②予測がつくようにする

突発的で予想外のものに弱いので、予測のつくように思考を整理しておいてください。
何からに取り組む場合も、順番や時間を決めておいてください。

③限界を超えない

刺激が自分の限界を超えない様にすることが大切です。

例えば、頭痛がでてきたら、身体が「もうそろそろ限界ですよ」と警告してくれていると考えてください。
そして悩んでいることも手放すようにしてくださいね。

④時には「ボ~」とする

ボ~と時間を過ごすことも時には必要です。

⑤逃げるが勝ち

回避することでストレスを避けられることも多いです。
時には回避して逃げるが勝ちということも大切です。

克服していくためのヒント

今まで育ってきた環境や親から教えてもらってきたことは絶対的なものもあります。
それは無意識の場合が多いのです。

自己肯定感を増やしていく

タイムラインのワークをしてもらう

 目標具体的な行動
1年後  
3年後  
5年後  
88歳の自分  

この上の表を埋めてもらいます。

例えば

 目標具体的な行動
1年後サッカーの練習をしている私はサッカー部に入ってレギュラーになっている
3年後全国高校サッカー選手権で試合をする私はサッカーで全国大会で出場して活躍している
5年後プロサッカー選手になる私は海外でもプレーできるプロサッカー選手になっている
88歳の自分サッカーの偉大な選手としていつまでも、テレビで再放送される私はプロサッカー選手になり、代表選手にも選ばれ、殿堂入りすることができた

このように具体的に理想の自分を想像することが大切です。
するとあなたは今、何をするべきかを考えられるようになります。
やらずに後悔するよりも、やって後悔する方が素敵ですよ。

根拠のない自信は最強です。

セルフペップトークを癖つける

心理学ではリフレーミングともいいます。
肯定的な言い回しに言い換えるようにしてください。

ペップトークとはこちらをご覧ください。

疲れたよく頑張った
どうするのなんとかなるよ
どうせダメだきっとうまくいく
嫌だ○○だと嬉しいな
なんでしてくれないの○○してくれてありがとう

1日3つだけ、今日よかったことを書きだす

良いことにフォーカスする癖をつけることになります。
探すようになります。

すると良いことを引き寄せるようになるのです。

その他にも

  • 親切にする
  • 何か一つ徳をつむ(いい行いをする)
  • 感謝する
  • 人のいいところ、自分のいいところを探す
  • 許すトレーニング
  • マインドフルネス瞑想をする

心の底から笑顔になれる幸せ

当院へお越しの30代女性です。

いろんな身体の症状がありましたが、まずは身体を整え、体力を増やしていきました。

そして、対処能力をあげるため、自己肯定感のワークを繰り返しました。手の震えも次第になくなっていきました。
そして、大きく変化したのが、仕事に行けるようになり、そちらがとても充実して来られたことです。

自己肯定感が急激に上がりました。

「私、必要とされている!」という喜びを感じることができたのです。

整体で身体を整え、メンタル面も強くなっていかれ、敏感に感じていたことも、少しづつ気にならない様になってこられました。

すべて、ではありませんが、少し自分も他人も許せるようになってこられました。

笑顔になっていただけて、本当に良かったです。
全力でベストを尽くしますので一緒に頑張っていきましょう。

人が健康に生活するには依存も自立も必要なのです。
最後に解決のヒントです。

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

パニック障害パーソナリティ障害不安障害眠れない社会不安障害自律神経失調症自律神経整体
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました