▶▶当院のコロナ対策

ゴルフ中に熱中症で倒れた50代男性!原因と対処法と予防法を伝授!

ゴルフの帰りに気分が悪くなりました。

熱中症だったようです。

今後、予防や対策を知りたいです。

このようなお悩みを解決します。

当院へお越しの50代男性です。梅雨が明けて、ゴルフに行かれて、プレー中は大丈夫だったのですが、帰る途中、車の中で、とても気分が悪くなり、自宅に帰宅してから救急車で運ばれました。原因と対策、予防について、みてまいります。水分補給というけれど、その飲み方などで、余計に熱中症になってしまうかもしれないので注意してください。同じように熱中症で、お悩みの方がいらっしゃいましたら、どうぞご覧になってください。

この記事を読んで欲しい方

ゴルフが好きで熱中症でお悩みの方

熱中症についての原因と対策

ゴルフで熱中症になった50代男性

8月中旬、突然のお電話が鳴りました。
以前からお越しいただいていました50代男性の方からでした。

「先生、熱中症になって、吐き気、頭痛、肩こり、倦怠感などが、なかなかよくなりません」ということでした。

病院には通院されており、一時的には落ち着かれたのですが、そこからなかなか調子が戻らないそうです。
ゴルフから帰宅するまでは、なんとか持ちこたえ、自宅に帰ってから、お辛くなられ、救急車で運ばれたそうです。

首の調整をさせていただきました

当院で、検査をさせていただきますと左側への首の回旋が極端に悪く、腰の回旋も左回旋が極端に悪かったです。
左のふくらはぎが激痛です。
首の調子が特に悪かったです。

そこで、骨盤~肩首周辺を調整させていただき、背骨をゆらすDRTをさせていただきました。
術後の検査はクリアになられました。

これを5回ほど繰り返させていただきますと、安定してこられました。
作業などで、時々、首~背中にかけて痛めることがありますが、かなりマシになったそうです。
最近では10月にゴルフを再開するそうで、笑顔になっていただけました。

この方の一番の問題点は、スマホやゲームをかなり、やっていたということです。
その時の姿勢がかなり悪かったのです。

すると首に負担がかかり、脳の働きが低下してしまうのです。
すると治癒力も低下しますので、なかなか不調が良くならなかったようです。
姿勢はとても大切ですので、良くなりにくい方は、生活習慣、姿勢、ストレス開放などを、もう一度、見直してください。

家の中でも熱中症は注意が必要です

熱中症は家の中でもおこります。

2013年の熱中症の発生場所のデータがありますので見てみますと、65歳以上の女性では、家の中が70%です。

40~64歳の女性で42%です。かなりの方が家の中で起きています。
(出典:国立環境研究所 小野雅司氏を参照)

熱中症は体温調節に異常をきたします

特に高齢になると温度調節の機能が低下いていきます。
当然、温度調節がうまくいきませんので熱中症になるリスクも増えてしまいます。
通常は汗をかいて温度調節するのですが、それも、しにくくなってしまうのです。
子供のカラダは70%くらい水分です。成人女性の水分は55%、65歳以上は40~50%になってしまいます。だから脱水状態にもなりやすいのです。
家の中でも、めまい、立ちくらみ、頭痛などが結構起こります。

熱中症の重症度

①重症度-1-

  • 熱失神(血流が悪化、脳への血流不足、めまい、たちくらみ、失神がおこる)
  • 熱けいれん(汗で血中ナトリウムが不足、筋肉の痛み、こむら返り、硬直がおこる)

②重症度ー2-

熱疲労(汗で脱水、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感がおこる)

③重症度ー3-

熱射病(脳の体温調節機能低下、40度の高熱、ひきつけ、意識障害がおこる)

正しい対処法

まずは、涼しい部屋へ移動できればします。
意識がしっかりしていて、めまい、たちくらみ、こむら返り、があれば、服をゆるめ、水分と塩分を補給してください。
頭痛、吐き気、倦怠感がある場合は氷嚢やペットボトルで身体を冷やしてください。
そして、水分と塩分を補給してください。

予防をしっかりとして、もしも起こってしまった場合は、冷静に判断と行動をするようにしたいです。

熱中症の予防

この水分補給ですが、注意していただきたいのが、冷たい飲み物を飲まないで欲しいのです。

身体の深部体温は37度といわれています。(ホメオスタシスという機能が働きますので、身体の中の温度を37度にキープしようとします。)


ですので冷たい飲み物を飲みますと、それだけで体の中では温めないといけないので、そちらにエネルギーを使ってしまいます。

さらに腸の細胞にも負担をかけます。ですので熱中症の対策にならないことがあるのです。
できれば40度くらいの飲み物を飲むようにしてください。

緊急の場合は、頭、脇、首、鼠蹊部を冷やしてください。

何かの参考になればうれしいです。

  • 湿度に注意する
  • 汗をかいたら小まめに拭き取る
  • 肌はサラサラに保つ

まとめ

  • 熱中症の予防対策を徹底する
  • 水分をしっかり摂る
  • 塩分も少し摂取する
  • 特に湿度に注意する
  • 汗をかいたらマメに拭き取る

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

健康情報
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました