▶▶当院のコロナ対策

寝ても疲れが取れない!体が重だるい!自律神経の乱れを解決

最近、身体が重くて、だるいです。

めまいもするし、頭痛もあります。

自律神経が乱れているように自覚しております。

寝て起きても身体がスッキリしません。

やる気もないです。

どうしたらいいでしょうか?

このようなお悩みを解決します。

最近、寝ても疲れが取れない!身体がだるい!身体が重い!ということでお悩みではありませんか?
ストレスにより脳が疲れていたり、身体は疲れていなくても副腎が疲れていることもあります。
そのような脳の管理能力について考えていきます。
脳の管理能力がきちんと働いているのが、心身共に健康な状態です。
自然治癒力が正常に働いてくれている状態だといえます。

例えるとマンションの管理人さんが分かりやすいです。

管理人さんが仕事もしないで漫画ばっかり読んで、さぼってしまっているとマンションが汚くなったり、治安なども悪くなったりしてしまいますよね。

そうならないようにきっちり管理してください!ということなんです。
マンションの管理人さんが「脳」です。つまり脳の管理をきっちりしてもらって、脳の働きを正常にするということが大切なのです。
これが正常ではないと「自分で治していきましょう!」(自然治癒力)という力がきちんと発動されないのです。どうぞご覧になってください。

この記事を読んで欲しい方
  • 最近、身体の不調が続いていて不安になっている方
  • 最近、疲れが取れにくい方
  • 身体が重だるい方
  • ストレスが強く自律神経が乱れている方

ストレスを減らし脳の管理能力を正常にする方法

ストレスを減らし、脳の管理能力を上げることで健康に近づきます。

その前に、まず身体を治す、身体が治るってどういうことでしょうか?
たとえば、怪我をして外科手術をしたとします。
お医者さんに切って縫ってもらいました。
そこから傷は誰が治したと想いますか?

治したのはお医者さんではないんです。お医者さんは治りやすい環境を作ったのです。
最終的に傷を治したのはあなたの【自然治癒力】なんです。
ここを間違ってはいけないんですよ。

それと、理屈や知識では病気は治らないのです。
理屈っぽく考えすぎず、自然に自分の力に任せた方が、早く治りやいのです。
物事にこだわりの強すぎる人や理屈っぽすぎる人、頑固な人、傲慢な人、自己中心的な人、感謝の気持ちが少ない人は間違いなく治りが悪いと想われます。
そして自然に逆らうと治りにくいと私は考えております。

ホメオスタシス

動物には生命を維持しようとする力が備わっています。
これを恒常性維持機能(ホメオスタシス)といいます。
人体の機能を一定に保つ働きのことです。
いつも通りにしようとする機能です。
体温、脈、血圧、などですね。

コンフォートゾーン

コンフォートゾーンとは安全な場所のことです。
心地よい空間のことですね。
その人にとって居心地の良いストレスがない空間ともいえます。
脳の中の爬虫類脳のところにあるホメオスタシスですが、危険を感じると二者択一の行動をとります。「逃げる」か「戦う」かどちらかです。これはストレスがかかった状態のことです。

ですので、いかに自分の心地よい環境の中で過ごすかということが大切となってくるのです。

脳の三層構造

爬虫類の脳(本能の部分90%の発動率)

生きるための脳、生命維持機能です。脳幹(視床下部)・大脳基底核になります。心拍・呼吸・体温・血圧=ホメオスタシスなどを司っています。

動物の脳、感情の脳

感じるための脳です。大脳辺縁系に当たります。記憶・快不快の判断・喜怒哀楽に関係します。

人間の脳、思考、理性の脳

思考する脳です。大脳新皮質にあります。論理・学習・言語や創造力、知性・知能に関係します。

脳の構造はこんな感じになっているんですね。そして脳がきっちり働かないといろんな症状や体の不具合がでてきてしまいます。次に症状についての意味を考えていきます。

症状の持つ4つの意味

毒だし効果

内臓に溜まった毒素を出している現象なのです。排毒といいます。
下痢、発熱、咳、鼻水、痛み、かゆみなどですね!
西洋医学ではこの毒だしを押さえ込もうとします。
すべてが悪いわけではないですが、抑えようとするのが西洋医学の基本的な考え方です。

身体からの警告のサイン

病気を知らせようとしてくれているのです。
注意しなさいよ!ということです。
生活習慣の間違いを気付かせてくれているのです。

肩代わり

生命維持の中で最優先で大事な器官を治そうとしてくれているのです。
鼻炎は肺や胃の改善です。花粉症は肝臓の毒だしです。

鍛錬

痛みに耐えることです。身体自身で訓練しているという意味です。
余談ですが頑固な人、傲慢な人、自己中心的な人、激しい性格の人、感謝の気持ちが薄い人は症状が強く出る傾向にあるそうです。
間違った考え方を改めなさいと気づかせている場合があるそうです。叱咤激励です。

症状はこんな感じなんですね。身体が教えてくれているんです。
そして脳の管理能力についてみていきます。

脳は体の司令塔である

背骨の動きが悪くなっているところ(動力学的、解剖学的、生理学的の変調)があると身体のバランスが保てないバランスが保てないと良い状態を維持しにくいのです。

脳はだまされやすい

悪い習慣を正常だと認識していることがある(誤認知)

誤認知を正常化する

脳の機能はまだ解明されていないことが多い

脳の管理能力が正常になると脳は正常に働いてくれる

背骨を調整するとカラダ全体に良い影響が起こる

筋肉が緩む

自律神経のバランスが整う(特に副交感神経)

関節の動く周波数に的確な刺激が入る

ヒトの脊椎の場合、40~50Hzの動的振動数で共振が起こります。

参考文献:「アクティベータメソッド」より

背骨に的確で正常な刺激を入れることにより、神経が脳に伝わり、筋肉がゆるみ脳が正常に働くための手助けをしてくれるものだと考えます。

もしも背骨が正常でないと脳が正常に機能しません。

ですので背骨の調整が必要だと私は考えております。
脳が正常に管理してくれますと神経伝達がスムーズになると考えられます。
これにストレスがかかるとホルモンでは副腎皮質ホルモンのコルチゾールなどが出て、いずれは枯渇してしまいます。
神経伝達にも影響があります。ですのでストレスを減らすことも必要だと考えております。

コルチゾールの働き

  • タンパク質の合成をコントロールしてくれる
  • 脳のエネルギー源である糖の合成を促進してくれる
  • 脳以外で糖が使われないよう制限して血液中の血糖値を上昇させてくれる
  • 脂肪分解作用を促進させて組織へエネルギーを供給してくれる
  • 飢餓状態になれば糖新生が起こり、筋肉中のタンパク質を分解して糖を合成しエネルギーに変えてくれる
  • ストレスを感じると分泌され、交感神経を刺激して脈拍を亢進させ血圧を上昇させて運動機能を活性化する
  • 強力な抗炎症作用をもち、生体防御反応としての炎症を抑えて治癒ちゆを促進する
  • 副作用では過剰な血糖値の上昇することがあり糖尿病の危険がある
  • 白血球の働きを抑える免疫抑制作用では感染症をおこし、病気になる危険性が高まり抗酸化作用も低下する
  • 骨量低下による骨粗鬆症、血圧の上昇では高血圧にも注意が必要
  • カリウム排泄作用は筋収縮に異常をきたすことがあり、ほかに消化性潰瘍や血栓症などにも注意する
  • 体内ではコルチゾールからコルチゾンが生成されるが、コルチゾンは急性炎症やアレルギー疾患などの治療に用いられるステロイドとなる

自律神経と脳について

自律神経はおおまかにいって自分の意志で動かすことができない器官の機能の調節をしています。
分類としては3つあります。

腸神経と交感神経と副交感神経です。

  • 交感神経は胸の骨のところから腰の中間くらいまで(T1~L3)⇒神経伝達物質はノルアドレナリン
  • 副交感神経は脳幹と延髄⇒神経伝達物質はアセチルコリン

参考文献:「一目でわかるニューロサイエンス」より

不安と脳

不安とは差し迫った脅威に対する正常な反応です。
交感神経の異常な亢進状態です。
不安障害の患者さんは実際よりも過剰に不安を覚えます。
まったく恐怖がなくても不安を感じることがあるのです。器質的な異常はありません。
不安障害は全般性不安障害、パニック障害、ストレス反応、恐怖症の4つがあります。
GABAとセロトニンが関係するといわれています。
これらは生命を守るために必要で防御反応であると僕は考えております。

まとめ

  • 脳が正常に働くには「刺激」「栄養分」「酸素」が必要
  • 首の調整をしっかりさせていただき、全身のバランスの調整をすることで脳の管理能力を正常に戻すことが整体の目的である
  • 整体を継続的に受けていただくことで、あなたの持っている自然治癒力が働くことができる

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

健康情報全身調整整体自律神経整体院長のマイブーム
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました