▶▶当院のコロナ対策

難病!線維筋痛症かもしれない!東大阪市の60代、主婦!全身の痛みが増え困っている方の解決のヒント

全身の痛みが辛くて眠れなくなってきています。

なんとか少しでも痛みが和らいでくれないでしょうか?

このようなお悩みを解決します。

全身の痛みが、どんどん増えて整形外科で「線維筋痛症」と診断されました。
痛みが増えていくばかりで絶望的だったそうです。
何をやっても効果を実感できず、これからの人生も、とても不安で仕方なかったそうです。

同じようにお悩みの方は、どうぞご覧になってください。

当院では特に進行性の病気の場合は、今の生活維持、もしくは少しでも痛みが和らいで、生活が少しでも、しやすくなられることを目標としております。

この記事を読んで欲しい方

全身の痛みでお悩みの方

首の捻挫?それにしても痛みが強すぎる!

先日、首と腰の激痛で来ていただいた患者様のお話しです。
整形外科で首の捻挫と腰の捻挫といわれました。
そこで治療を続けておられたのですが、なかなか変化がございませんでした。

次に整骨院にいかれました。
そして筋肉、筋膜にアプローチする手技をしていただいておられました。
最初は良かったそうです。

しかし、その後なかなか変化がなく悩んでおられました。

その後、整形外科に大きな病院を紹介するからといわれたそうです。
自分でいろいろ調べて全身の痛みが増すばかりで不安も増すばかりです。
とにかく動作のたびに、どこかに痛みを訴えておられます。
寝ても痛い、座っても痛い、立っていても痛い、いろんな動作をして検査もされたそうです。

めまい、耳鳴り、頭痛、目の奥の痛み、首肩の強い痛み、腰の痛み、膝の痛み、指~手の重く痺れた感じ、下痢、食欲不振、喉の渇き、口臭、ゲップが多くなることが気になりだしたそうです。

さらに不眠症、今までなかった花粉症がでてきたそうです。
本当にいろいろ、おありでお辛そうでした。
自分でインターネットで調べると線維筋痛症かもしれないと想い心配なさっておられました。
次に紹介された大きな病院で「線維筋痛症」と診断されました。

一番のストレスになっているのが自分の母親の介護疲れだそうです。

初回

本当にあちこちの痛みや不調を訴えておられます。
全身ですので問診票の全身のイラストに痛いところに印をつけていただくと真っ黒けでした。

いろいろ調べると左の目の動きも何か右とは違うことがわかりました。
左足の膝の裏近くにはミミズがはっているようなものもあります。
青い血管も浮いております。

左の頭、首、肩がとにかく重く痛く辛いです。
指はジ~ンと重く痺れています。
皮膚温度を計測すると指先の温度がかなり高かったです。
腫れているのですね。

自律神経症状のノドの渇き、下痢、食欲不振、耳鳴り、頭痛、熱感(微熱)、不眠症、アレルギー(花粉症)などがあります。
耳鼻咽喉科などでも検査されております。
(病院の検査結果は異常が見当たりませんでした。)

目を閉じて立っているのは大丈夫でした。
目を動かす検査をすると後ろに引っ張られるように倒れていかれます。

いろんな姿勢をとれるかも確認しましたが寝ていても背中がつる感じで痛みが強いので上向きも下向きも横向きもできません。

そこで座って施術いたしました。

約2分の調整で顔色も良くなっていかれ、血液が頭に流れる感じだと、おっしゃっていただけました。表情が明るくなられました。

させていただいている最中に「頭の違和感と左の首が楽になってきました~」と喜んでいただけました。

刺激はできるだけ少ない方が負担が少ないので初回は座ってする施術だけで終了しました。
かなり変化を感じていただけてよかったです。

刺激が多すぎないようにパルスオキシメーターを両指に挟みながら注意深く施術いたしました。

現在

6回目からベッドに寝て施術できるようになってまいりました。

睡眠の質があがり、かなりよく眠れるようになられました。握力も右が5度だったのが20度ちかくまで上がりました。

線維筋痛症の方すべての方がよくなるということでは決してございません。

自然治癒力が発動し、たまたま良くなったものです。
ですが諦めずに自分を信じていただけたなら良いことが起こるものだと私は思います。

今後もメンテナンスを2週間に1度のペースでさせていただきます。
全力でサポートさせていただきます。

勇気をいただいた知人の先生の場合

私のメイン手技でありますDRTの手技仲間の埼玉県の岡田早苗先生にお話を伺いしました。
快く掲載の許可もいただきまして、本当にありがとうございます。
感謝いたします。
詳しくはこちらをご覧ください。

症状

  • 椎間板ヘルニア(腰の骨の3~5の骨が潰れている)
  • 線維筋痛症
  • 慢性疲労症候群
  • 周期性嘔吐症候群
  • てんかん
  • アトピー性皮膚炎

経過

近隣の病院、整骨院、整体、鍼灸は行き尽くしたそうです。
整形外科では「良くて車いす、寝た切りなのは仕方ない状態」と診断されたそうです。
37歳から5年間、寝た切りだったそうです。

その後、漢方を処方される医師と出会われました。
15年間のお付き合いでモルヒネによる点滴で少し眠れる時間が出来てきたそうです。

起き上がれるようになったのは「大うす煎」というお薬のおかげだそうです。

その頃、ご自身で鍼灸師を目指し、学校にも通われたそうです。

それからDRTに出会われました。
DRT創始者、師匠の上原先生の施術を受けられて、1年中、冷え症だった方が、ポカポカしてこられたそうです。
そして、汗をかいたそうなのです。

その後も2時間かけて通院されているそうです。

施術後は背中が痛くて背もたれに全く付けられない状態だそうです。
好転反応と理解されているので良くなっていると実感されながら、だんだん痛みが減ってきているのを実感されたそうです。

現在

3時間座っていることができているそうです。

ペットボトルなしでも座位が保てるようになったそうです。

山のような薬を飲んでも3時間も経たずに痛みで目が覚める毎日だったのが、寝込む日はありますが、普通の日常生活に近い状態が送れるようになってきておられます。

生活習慣で注意すべきこと

  1. ペットボトルを背中に当てて、正確な姿勢に常に注意する
  2. 砂糖はできるだけ食べない
  3. 常温の水をなるべくたくさん飲む。1日2リットルくらい。
  4. 飲み物はできる限り「水」。「コントレックス」という銘柄がおすすめ。カルシウムとマグネシウムの比率が良いため。
  5. 痛みがある時は、出来る限り横になる。できれば仰向けで。
  6. 痛みが出ても好転反応だと割り切る。信じ込む。
  7. 食事は出来るだけ少なめにする。消化に体力を使ってしまうから。回復を優先する。お昼は普通に食べて朝と夜は固形物は食べない。会食は多くしないように普通に食べる。
  8. 身体を冷やさない。クーラーは控えめにする。冷たい飲み物は絶対にNG。
  9. 油ものは出来る限り避ける。消化が大変でエネルギーを使うため。
  10. 立つ時、座る時、歩く時に姿勢に気をつける。24時間、姿勢に注意を払っている。丹田に力を入れて丹田から動くように動作します。

参考:「岡田 早苗先生とのやり取りにて」掲載許可をいただいております。

線維筋痛症について

アメリカのリウマチ学会の分類基準が診断基準となっています。

さまざまな症状

  • 痛み
  • 疲労感
  • 不眠
  • むずむず足症候群
  • 刺激に対して過敏
  • 記憶力や認知機能の障害
  • 乾燥症状(目の渇き、口の渇きなど)
  • 関節可動域の増大
  • 消化器症状や排便の異常(ゲップ、胃酸の逆流、膨満感、嘔吐、下痢、便秘、過敏性腸症候群など)
  • アレルギー
  • 性機能障害
  • 精神状態(うつ、自律神経失調症)
  • 運動機能の異常(バランス、転倒)
  • 神経学的異常(腱反射亢進、病的反射)
  • 手足のむくみ
  • レイノー減少(冷え)

症状はストレスや天気でも変化します。

参考文献:「線維筋痛症がわかる本」その肩こり、腰痛をほうっておいていいんですか?

同じように全身の痛みでお悩みの方

すべての方が同じ効果があるということではございませんが患者様に応じて少ない刺激で効果がだせるように日々精進いたします。

まとめ

  • ストレスを減らす
  • 暴飲暴食に注意
  • 整体で心身共に良い方向へ向ける

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

お腹が痛い(過敏性腸症候群)のどの違和感めまい不安障害心臓がバクバクする手の震え・しびれ更年期の不調眠れない耳鳴り胃の不調自律神経整体頭痛
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました