▶▶当院のコロナ対策

めまい・頭痛・吐き気・過呼吸・不安・食欲不振・外出できない!ということでお悩みの30代主婦の方から感想をいただきました

めまいや頭痛で悩んでいます。

少しでも楽にできないでしょうか?

このようなお悩みを解決します。

めまい、頭痛、過呼吸、吐き気、不安神経症でお悩みの方からご感想をいただきました。
とってもお辛い状態で、涙を流しながら初回の施術をさせていただいたことを覚えております。

同じようにお悩みの方は、どうぞご覧になってください。

この記事を読んで欲しい方

食欲不振、めまいや頭痛などでお悩みの方

交感神経が上がると血圧、血糖値、呼吸、脈拍などが上がります

食欲不振の原因

自律神経が乱れると、空腹感や満腹感を感じにくくなります。
これは自律神経が調節しているからなのです。

こんな時は「3食きっちり食べなけれならない」と思わないでください。
消化や吸収能力も低下しているので、こんな時に食べ物が入ってきてしまうと消化不良を起こしたりしてしまいます。
ゲップなども多くなったりしますよ。

「○○しなければならない」というのは認知の歪みです。
そんなにキッチリとしなくても大丈夫です。
白か黒ではなく、微調整、臨機応変というのが大切なんです。

お腹がすくメカニズム

  1. 運動とか考えたり、働いたりするとエネルギーを使う
  2. 身体の中に、もともとあった脂肪でエネルギーを作る
  3. エネルギーを作っていると遊離脂肪酸ができる
  4. 遊離脂肪酸が血の中に増えるとブドウ糖の濃度が下がる
  5. 胃や消化管から「食欲を出して、食べなさい」というホルモンが出る
  6. 迷走神経がその情報をキャッチすると「エネルギーが不足している」という情報が摂食中枢に送られる
  7. 摂食中枢が「何か食べなくちゃ」と働き始める
  8. お腹がすいたと感じる

自律神経が乱れると、迷走神経の働きが低下するので、エネルギーが不足しているという情報が送られないので、お腹がすかないのです。

パニック、不安などの克服のヒント

  • 「来るなら来い!」と強気で挑む
  • パニックは「オレオレ詐欺」と同じなので、無視する
  • 根拠のない不安、パニックなので根拠のない自信を持つ
  • パニックでは死なないので大丈夫と理解する
  • パニックは天邪鬼(あまのじゃく)なので「来たら嫌やな~」「なったらどうしよう」と思ったら心の隙に付け込んできて「不安にさせたり、息苦しくさせたりする」
  • 長くても10分くらいしか発作は起こらないので大丈夫
  • 小さい成功体験を繰り返し、自信を持つ
  • 深呼吸、腹式呼吸に、めっぽう弱いので、深呼吸をする

ご感想をいただきました

どんな症状でお悩みでしたか

めまい、頭痛があり、ひどい時は吐き気と過呼吸を起こしていました。
めまいと過呼吸に対する不安から、外出することが難しくなりました。

今回の症状で辛かったのはどんなことですか

ふらふらするめまい、立ちくらみ、めまいからの食欲不振、外出することの不安がありました。

来院されていかがでしたか

優しい施術に頭痛がおさまりました。
体のだるさも少なくなり、めまいも、ほとんどなくなりました。
体調の波はまだありますが、寝込むほどのしんどさはなくなったと思います。
不安はまだありますが、先生に教えていただいたことを実践して、少しずつ外出もできてきています。

ご感想

大熊先生にお願いしてから、少しずつ体調が良くなってきているのが実感でき、自信もついてきました。
まだ回復していませんが、先生からのアドバイスを実践していきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

大阪市内 30代 女性 Y.Tさま

院長より一言

ありがたいご感想をいただきまして、感謝いたします。Y.Tさんが最初に来ていただいたことを思い出します。

10月の末くらいだったのですが、お話していただいた時に、涙を流しながら、本当にお辛かったのだと感じました。

私も情緒的サポートをしっかりとさせていただくことをお約束し、3か月がたちました。

あのころから比べれば、できることが増えていき、本当に良かったと思います。

表情も、物凄く明るくなられて、ご主人さん、お子様も喜んでいただいているとのこと、私もとても嬉しいです。

最初にお伝えしたとおり、不安には特に、「情緒的サポート×対処能力×体力×自己尊重感」がとても大切です。

いつもの検査により、姿勢などは毎回、うるさいくらいにお伝えしております。
よくなってきた時が一番、注意されてください。
今後とも全力でサポートいたします。

当院のめまいの患者様

まとめ

  • 姿勢に注意する
  • 睡眠の質を上げる
  • 生活習慣に注意する

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

めまいパニック障害不安障害心臓がバクバクする息苦しい患者様の喜びの声胃の不調自律神経失調症頭痛
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました