▶▶当院のコロナ対策

耳鳴り・難聴がなかなか良くならない!生活習慣の解決のヒント

この記事を読んで欲しい方
  • 耳鳴りや難聴がなかなか良くならずお悩みの方
  • 生活習慣を見直したい方でやり方がわからない方

突然、耳が聞こえなくなった!耳鳴りがするようになった!

生活環境の中で、「音」ってどう感じていますか?慣れ過ぎて気づかなくなっていることも多いんです。突然、耳鳴りや難聴でお困りの方は、とてもお辛いことですよね。
わかります。
その症状を少しでも解決できたらと思いますので、どうぞご覧になってください。

一日で許される音量

WHOが発表したデータから一日で許される音の目安はこうなっております。

デジベル数 時間 具体例
120.0db 9秒 ブブゼラ(サッカーの応援楽器)
115.0db 28秒 ロックのライブコンサート
110.0db 1分30秒 耳元で大きな声を聴く
105.0db 4分 最大音量の音楽プレイヤー
100.0db 15分 地下鉄、ドライヤー
95.0db 47分 中型のオートバイ
85.0db 8時間 車の騒音

参考:Make Listening Safe より

大きな音に慣れてしまっている場合があります。

以前、工場でプレスの音が大きすぎて、難聴になられた方もいらっしゃいました。

その方とは筆談でさせていただきました。

難聴や耳鳴りは高齢者だけがなるものではありません。

難聴の原因と考えられるもの

耳の中の有毛細胞というものがあって、それが減ってくると難聴になるといわれています。

外耳から音が信号として入ってきます。それが中耳の鼓膜を通り、内耳の蝸牛の有毛細胞に送られます。それを電気信号に変換し、聴神経が脳に「音」として伝えて、聞こえるという仕組みになっています。

 

蝸牛の中に有毛細胞があります。

参考文献:「人体の正常構造と機能」より

内耳の血流障害や炎症が関係しているといわれています。

ストレスや睡眠不足が原因の急性低温障害型感音難聴というものがあります。
治りにくいものが多いので早めに病院を受診されてください。

また音が聞こえにくいので、自分の話す言葉も、わかりにくくなってしまいます。

高齢者の難聴

年代 頻度
60歳代前半 5~10人にひとり
60歳代後半 3人にひとり
75歳以上 70%以上

難聴の予防

生活習慣が一番大切です。

食生活

血液をサラサラにしてくれる魚がおすすめです。EPAやDHAを積極的に摂取してください。

運動

座ったままの「緩い運動」でもいいので運動しましょう。血流を上げるのが目的です。

タバコを止める

タバコは活性酸素を発生させるので血管を痛めつけてしまいます。

食べ過ぎない

適度なカロリー制限は活性酸素を減らしてくれます。また生活習慣病の予防にも役立ちます。

補聴器をつける

医師の診断が必要です。早く使うほど、聴きとる力の維持につながりますので、医師と相談してご検討ください。

30年の耳鳴りが減ってきた

まとめ

生活習慣で気をつけて欲しいこと
  • ストレスを溜め込まない
  • イヤホンをずっとつけない
  • 適度な運動をする
  • スマホをやりすぎない
  • マスクを家では外して耳を休ませる
  • ドライヤーを使いすぎない
  • パチンコなど音が大きい場所は控える
  • タバコはやめる
  • ラジオを聞きながら寝ない
  • 水分をしっかり摂る
  • 掃除機をやりすぎない
  • しっかり眠る

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

めまい耳鳴り
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました