▶▶当院のコロナ対策

「信念を持って取り組む」あしたのジョーから学んだこと

最近、動画配信アプリで視聴しております「あしたのジョー」についてのお話しです。
矢吹丈選手と力石徹選手の壮絶な戦いが描かれております。
あまりボクシングのことを知らない私ですが、階級というものと、力石選手がいかに、厳しい減量をしたのかについて、ちょっと調べてみました。
そこで学んだことなどもございますので、どうぞご覧になってください。

この記事を読んで欲しい方

「あしたのジョー」が好きな方

あしたのジョーから学んだこと

8巻の力石戦が終了してからジョーが握手を求めた時に、力石は倒れてしまいます。

出典:「あしたのジョー」より

ボクシングの階級について

階級体重ポンド
ヘビー級90.719kg〜200ポンド以上
クルーザー級79.379~90.719kg175~200
ライトヘビー級76.204~79.379kg168~175
スーパーミドル級72.575~76.204kg160~168
ミドル級69.853~72.575kg154~160
スーパーウェルター級66.678~69.853kg147~154
ウェルター級63.503~66.678kg140~147
スーパーライト級61.235~63.503kg135~140
ライト級58.967~61.235kg130~135
スーパーフェザー級57.153~58.967kg126~130
フェザー級55.338~57.153kg122~126
スーパーバンタム級53.524~55.338kg118~122
バンタム級52.163~53.524kg115~118
スーパーフライ級50.802~52.163kg112~115
フライ級48.988~50.802kg108~112
ライトフライ級47.627~48.988kg105~108
ミニマム級47.627kg以下105ポンド以下

欧米の選手はライト級〜ヘビー級、アジアの選手はミニマム級〜スーパーフェザー級が多いそうです。

昔の呼び名が変更され統一されたそうです。

ジュニアヘビー級はクルーザー級になり、ジュニアミドル級とライトミドル級がスーパーウェルター級となり、ジュニアウェルター級とライトウェルター級がスーパーライト級になり、ジュニアライト級がスーパーフェザー級になり、ジュニアフェザー級とライトフェザー級がスーパーバンタム級になり、ジュニアバンタム級とライトバンタム級がスーパーフライ級になり、ジュニアフライ級がライトフライ級になり、ストロー級とミニフライ級がミニマム級になりました。

力石 徹の減量について

力石選手は始めは、ウェルター級でした。ここで観客を殴り少年院に入ります。
そして、出所してからプロ入りを果たします。
その後、フェザー級で新人王を取ります。
そして、矢吹選手と戦うために、バンタム級へと階級を落として対戦したのです。

体重でみてみますと、ウェルター級ですので、「63.503~66.678kg」だったのが、出所してからフェザー級でプロデビューです。「55.338~57.153kg」

それから矢吹選手と戦うためにバンタム級まで体重を落とすのです。
「52.163~53.524kg」

ということは、ウェルター級の64kgくらいだった体重を53kgまで落としたということになりますね。10kg減量ってありえないですよね!

サウナのような部屋で必死の減量をして、水分も取らないような過酷なことが描かれておりました。

実際にボクシングの減量をした方の感想があったので、調べてみますと、2kg落とすだけでも大変だそうです。座ってから立つ度に立ちくらみが起こったり、常に倦怠感がつきまとったり、動くたびにめまいと動悸が起こったそうです。

体重は落とせてもスタミナがものすごく落ちてしまうので、試合の対策もしなくてはならず、本当に大変なことだそうです。

矢吹 丈の必殺パンチについて

クロスカウンター、ダブルクロスカウンターという必殺パンチがありますが、実際にはかなりのパンチ力がないと、効果はそれほど出ないということだそうです。

私はボクシング経験がないのでよくわかりません。

自分の体重が何級なんでしょうか

こちらにめっちゃわかりやすい計算のページがありましたので、どうぞ参考になさってください。

こちらです。

ちなみに60kgの人は132.3ポンドなのでライト級ということになります。

あしたのジョーで学んだこと

あしたのために(その1)

=ジャブ=
攻撃の突破口をひらくため、あるいは敵の出足をとめるため、左パンチをこきざみに打つこと。
このさいひじを左わきの下から、はなさぬ心がまえで、やや内角をねらい、えぐりこむように打つべし。
せいかくなジャブ三発につづく、右パンチはその威力を三倍に増すものなり。

あしたのために(その2)

=右ストレート=
左ジャブで敵の体勢をくずし突破口を見いだせばすかさず右ストレートを打つべし。
これ、拳闘の攻撃における基本なり。右ストレートは右拳に全体重をのせ、まっすぐ目標をぶちぬくように打つべし。
このさい、打ったコースと同じ線上を同じスピードでひきもどすこと。
一発でKOをうむ必殺パンチなり。

あしたのために(その3)

=クロス・カウンター=
”打たせて打つ 肉を切らせて骨を絶つ 相打ちの必殺パンチ”
相手が全力で打ち込んでくるその腕へ 十字型にクロスの交差をさせ 同時に打ち返す。
カウンターパンチは相手の勢いづいた出鼻を打つために 相手の突進と自分のパンチ力で威力は倍増する。
ましてクロスさせた場合 相手の腕の上を交差した自分の腕が滑り 必然的にテコの作用を果たし三倍、四倍の威力を生み出す。

僕が矢吹丈から学んだことがあるんです。

それは、自信を持って突き進む大切さ。

そして、ひとつのことについてトコトン打ちこんでブレないということの大切さ。
恐れずにやってみるという、ひたむきな強い心を持って物事に望む大切さです。
素晴らしい気づきをありがとうございます。感謝いたします。

最後までご覧いただきまして本当にありがとうございました。心より感謝いたします。

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

全身調整整体院長のマイブーム首・肩・肘・手・指の不調
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました