▶▶当院のコロナ対策

途中で目が覚める!眠れない!不眠症に悩む方の解決法

睡眠の質が悪く、朝までグッスリ眠れることは、ここ数年ありません。

息苦しいこともあり、何かの病気ではないかと心配になります。

何とか解決方法を教えてください。

このようなお悩みを解決します。

眠れないあなたへの解決のヒントです。
睡眠には準備が必要です。
また対策も、その方に応じた対策がありますので、まずは今の自分の状態を知ることが大切です。
どうぞ参考にご覧ください。

この記事を読んで欲しい方
  • 睡眠でお悩みの方
  • 途中で目が覚めて眠れない方
  • 眠るまで時間がかかって困っている方

睡眠の不調を解決するヒント

睡眠が不調になる原因をチェック

こんなことでストレスが増えているかもしれません
  • 家で旦那に気を遣う、リモートワークでストレスが増えた
  • ハッキリいって旦那がストレス
  • 昼間に、物凄く眠たくなる、いつでもどこでも眠れる
  • 血液がさらさらになると聞いて、寝る前にタップリ水を飲む
  • できるだけ長い時間、眠るのがいいと思っている
  • 毎日、必ず同じ時間に眠らないといけないと思っている
  • 自分の体が疲れていても人に任せられない
  • 夜勤などがあり身体がいつも疲れている
  • 息苦しいと感じることがある
  • 足がだるく、よくつる
  • 寝る前はスマホを見ている、スマホを目覚まし代わりにしている
  • よく夢を見ていて内容も覚えている
  • ストレスを溜め込みやすく、発散ができていない
  • 責任が強く完璧主義
  • やる気がしない、朝もスッキリしない
  • 朝までゲームやスマホを触っていることが多い
  • いびきがうるさいといわれる、呼吸が止まっているといわれる

たくさん当てはまると睡眠の質が低下している可能性があります。

睡眠外来って何するの

  1. バイタルチェック
    健康状態を確認します。血圧、体重、問診票記入します。
  2. 全身にセンサーをつけて眠る
    睡眠ポリグラフ検査をします。就寝時のピクつきをみます。(周期性四肢運動障害など)
  3. 脳波、筋電図、心電図、呼吸、酸素飽和度、歯ぎしりの回数、入眠までの時間、などの検査

このような検査をするそうです。参考にされてください。

背骨の刺激と睡眠の関係

睡眠で大切なのは

  • リズム

全身のバランスと背骨を調整させていただきますと血流があがり、脳が正常に働きやすくなります。
そうすると神経の伝達もスムーズになってきます。
そして背骨の横にある交感神経節にも刺激が入りますので自律神経系も整ってまいります。
さらに内臓機能がアップして自然治癒力が働く状態になってまいります。

当院では背骨調整させていただいた方が、とにかくよく眠れるようになったといっていただけるのでオススメいたします。

重力バランスと足首の骨が睡眠と関係する

足首の真ん中に体重を支える骨があります。距骨といいます。
この軸やバランスが崩れると首や背骨や全身にも影響いたします。
ですので当院では足首にも注意させていただき調整させていただいております。

息苦しさ解消のヒント

息苦しさは最近のマスク着用による呼吸にも関係しますし、ストレスなどによる自律神経の乱れでもおこることが考えられます。

呼吸は自律神経が支配しております。意識的にする深呼吸がございますが、それ以外は、無意識に呼吸をしております。寝ている時も意識しないで呼吸しております。

呼吸に関係する筋肉は横隔膜や肋間筋、外腹斜筋などです。これらは運動神経が支配しております。
そして同時に自律神経からも支配を受けているのです。

吸った時は交感神経が優位に働き、吐いた時は副交感神経が優位に働きます。
無意識の時は、このように勝手に呼吸してくれているのです。

ですが、ストレスを感じると交感神経が優位に働きます。すると吸う筋肉が優位に働きます。逆に吐く筋肉が働きにくくなってしまうのです。
つまり「吐けない」ことから息苦しく感じられる方が多いのです。そして、この息苦しさが、さらにストレスとなって悪循環になります。

この息苦しさが強くなると、不安も増大してしまうことがあります。それが予期不安になってパニック障害を起こすこともあるのです。

息苦しさの対策

息苦しさの対策としては、自然な呼吸ができることが大切です。そのためには使われている筋肉がちゃんと動いてくれたらいいのです。

横隔膜や肋間筋などが、動きやすくするために、当院では、特に肋骨や肩甲骨、背骨を細かくバランスをとって働けるように調整していきます。

自分でできるものとしては、腹式呼吸の深呼吸です。

ゆったり呼吸のやり方

上向きで膝を立てて、ゆったりと呼吸をします。

横隔膜を動かすには、まず腹式呼吸を使いましょう。脇腹に手を当てると動くのがわかるので、意識してみてください。

呼吸がしっかりできるためには、肋骨が動かないといけませんので、整体を受けたり、ストレッチポールで緩めるのもオススメです。

また、大きな声を出すことや舌の運動、それから色々な音(声)を出して、のどの筋肉群を働かせるもの効果的です。

ボイパなどもやってみても面白いかもしれません。

息苦しさがある時は、呼吸筋を積極的に働かせてみてください。すると、呼吸がしやすくなり、自律神経の乱れも回復に向かう手助けになるのです。

良い眠りのためのヒント

  • ベッドでは嫌なことは考えない
  • 水分を摂りすぎると夜中トイレに起きるので寝る前1杯にしておく
  • カフェインは飲まない
  • お風呂は寝る1時間前には入る(深部体温を下げる)
  • 深部体温が一度低下した時が眠りに最高
  • 朝日を浴びてセロトニンを分泌
  • 成長ホルモンのゴールデンタイムはないと知る
  • 最初の眠りにはいった90分が一番大切
  • 身体を冷やしすぎない
  • 軽い運動はいいが激しいトレーニングは交感神経を高めるので夜はしない
  • 昼間に運動をして交感神経を上げておくと、夜、副交感神経が働きやすい
  • 眠れなかったらどうしようと不安に想いすぎず気負わないこと
  • 室温26℃、寝具内33℃、湿度50~60%
  • パジャマは快適なものにする
  • 匂い、香にも注意する
  • できるだけ家では素足ですごす(体内時計が整いやすい)
  • 夏でもレッグウォーマー、腹巻がおすすめ

まとめ

  • 生活習慣に注意する
  • あまり執着しないようにすると眠りやすい
  • 整体で体を調整する
  • 眠る準備が大切
  • スマホなどの電磁波には特に注意する
  • カフェインに注意する

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

うつ病パニック障害パーソナリティ障害女性の悩み患者様の喜びの声更年期の不調産後骨盤矯正発達凸凹眠れない自律神経失調症自律神経整体
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました