▶▶当院のコロナ対策

脊髄小脳変性症の方の施術とリハビリ経過!今後の目標設定の注意点

脊髄小脳変性症と診断されています。

足元がぐらぐらして歩きにくいです。

呂律も回らないので、人と話したくありません。

字も書きにくいですが、パソコンやスマホは使えます。

時々、情緒不安定になります。

少しでも生活が楽になればと思います。

そのようなお悩みを少しでも和らげることができれば幸いです。

当院にお越しの脊髄小脳変性症の方です。脊髄小脳変性症とは難病指定されている疾患です。
今の現代医学でも完治は難しいとされています。

お話するのも少し難しくなったり、歩くのもグラグラ揺れますので、転倒しないようにすることが大切です。
また字を書くのも難しい方が多いです。
脊髄小脳変性症でお悩みの方、またそのご家族の方、よかったらご覧ください。

この記事を読んで欲しい方

脊髄小脳変性症などの難病の方で、少しでも今より生活をラクに過ごしたい方

脊髄小脳変性症のリハビリ経過と目標

リハビリのスタンス、ゴールとしては、今の生活を維持しつつ、少しでも楽に生活ができるようにすることです。進行性の病気ですので、できるだけ動ける時間や期間を長くすることを目標としております。

当院のリハビリテーションの基本的な方針としては、低負荷で高回数が基本となります。
ですので月に1~2回で2時間などのリハビリよりも週に1~2回で30分などの方が、より目標に近づけると考えております。

「脊髄小脳変性症」の方の往診

私は、以前、柔道整復師の資格を取ってから整形外科に勤務しておりました。
その時にお世話になった医師の指示のもと、往診に行かせていただいておりました。

私が整形外科でリハビリを担当させていただいた疾患
  • 脊髄小脳変性症
  • 強直性脊椎炎
  • 特発性血小板減少性紫斑病
  • 慢性関節リウマチ
  • バセドー病
  • シェーグレン症候群
  • クローン病
  • 重症筋無力症
  • ギランバレー症候群
  • 多発性硬化症
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 進行性筋ジストロフィー
  • パーキンソン病
  • ダウン症
  • 内臓逆位

その時の患者様は50代の女性の方でした。
リハビリの為、歩行訓練や身体の調整などをさせていただいておりました。

最初は家の中だけの訓練でしたが、調子の良い時は外に出て20mくらい一緒に歩いたりしました。
足に少しおもりをつけて歩くと揺れるのが少なくなったりすることもあるので、いろいろ工夫をして転倒予防に最大限注意し歩行訓練などをしておりました。

その時の経験を活かして、今回、当院で脊髄小脳変性症の方の施術をさせていただくことになりました。

脊髄小脳変性症とは、昔ドラマで沢尻エリカさんが主演した「1リットルの涙」というドラマの女の子が発症した病気です。

症状

  • 歩くときのふらつき
  • 呂律が回らない、しゃべり辛い
  • 手の震え、字が書きにくい
  • 足が突っ張る(転倒しやすい)
  • 情緒不安定になりやすい
  • 食べ物が飲み込みにくい

参考:難病情報センターより

動かすことはできますがスムーズに動かせません。原因もわかっておりません。遺伝性のあるものとないものがあるそうです。まだ解明されていないことも多いです。

動きを止めようと想っても止めることが難しいのです。まだまだわかっていないことが多いですが3分の1が遺伝といわれています。日常生活では特に転倒に注意が必要です。

この方も3回、転倒して骨折されております。

脊髄小脳変性症の方の変化

長期的に往診に行かせていただいております。左腕を上げる時に、揺れが大きくなります。立っていると危険な場合もありますので、四つ這いでの検査をしております。

日によって波はありますが、少しづつ生活がスムーズになってきております。

まとめ

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

タイトルとURLをコピーしました