▶▶当院のコロナ対策

整体で”しもやけ”が良くなるの?東大阪市40代主婦!冷え症「しもやけ」でお悩みの方へ3つの対策

冬になると「しもやけ」ができて痛いし痒いです。

軟膏を塗ったりしますが、なかなか変化を実感できません。

何か良い解決法はありますか?

このようなお悩みを解決します。

「しもやけ」についてのお話です。
「しもやけ」ってかゆくて痛いですよね。
小学校の友達でほっぺたに「しもやけ」が、できていた子もいました。
「しもやけ」って、どうして起こってしまうのでしょうか?
そして、その「しもやけ」も、よくなっていくという変化を実感することができるのでしょうか?
興味がございましたら、どうぞご覧になってください。

この記事を読んで欲しい人
  • 毎年、しもやけでお悩みの方
  • 薬を塗っても、あまり効果が無くてお悩みの方
  • 子供のころから悩んでいるが解決策なんてあるの?と思っている方

「しもやけ」は整体で良くなるの?

困った女性

特に冬になると足の冷えでお悩みの方が多いです。
冷えでお悩みの方は「しもやけ」でお悩みの方も多いです。
ですので冷えでお悩みの方は、血流に注意してください。

また体温の調節は自律神経と脳がしてくれますので、ストレスが強すぎて筋肉が緊張して血流悪化している方は、冷え、しもやけにも注意してください。

 「 しもやけ」の原因とは

冬になってくると「しもやけ」になる方も多いと思います。
手にできることもあります。
僕の小学校の友人は頬っぺたにできて真っ赤になってました。

しもやけになると「かゆみ」や「痛み」を感じます。
原因は寒さや冷えによる「血行障害」です。
急激な温度差で起こる場合があります。

例えば、めちゃ寒くなったとしますよね。
そうすると体から熱を出したくないので血管を締めつけようと身体や脳は勝手に対処してくれます。
それをしてくれるのが筋肉なんです。

そして次に温めるとしますよね。
そしたら今度は血管を広げようとするんです。

ここで問題となるのが動脈と静脈です。

動脈は心臓から出てきた綺麗な栄養分と酸素がいっぱいの血です。
静脈は使いきった、いわば下水道みたいなものです。

動脈と静脈の違いが「しもやけ」の根本的な原因なのです。

その動脈と静脈は温めたときに元に戻るスピードが違うのです。

動脈の方が早く元に戻ります

しもやけの3つの対策

しもやけ対策①

だから寒いからといって急に温めすぎたりしないで欲しいのです。
急激に寒暖の差をつけるのはおすすめしません。
徐々に温めてくださいね。
温度の変化に体がついていかないので注意してくださいね。

しもやけ対策②

筋肉運動でみてみると、ふくはぎの筋肉が硬いと、その中を通る血管も締めつけられている状態になります。

ですので、ふくらはぎが柔らかくなれば血流も上がります。

つまり、ふくらはぎ柔らかくするといいのです。

当院でいつもさせていただいてる、ふくらはぎを押す検査がありますが、これでも、ふくらはぎの状態がわかります。

当院では検査では普段の姿勢のチェックをしております。

姿勢が悪いと血行不良の原因にもなりますよね。

姿勢
ここでも姿勢に気をつけていただきたいのです。

しもやけ対策③

身体の調子を整えることも大切です。
寝て起きたら楽という健康な状態がいいですよね。

骨盤や背骨、首の骨を正常に働くようにしておくと脳の管理能力が正常になり神経伝達がスムーズになり自然治癒力が正常に働いてくれます。
そして特に生活習慣で気をつけていただきたいのが睡眠です。
寝不足にも注意です。
また日中の軽い運動もオススメです。

当院の施術

当院での施術はこんな感じなんですよ。

「しもやけ」でお悩みの40代主婦の方

昨年から定期的に通院してくださっているNさんのお話です。
40代女性です。

Nさんは毎年、冬になると「しもやけ」のかゆみに悩まされておられました。
夜寝るときにも、とてもかゆくて、寝られないこともあったそうです。
かいてしまうと血だらけで痛くなってしまいます。
冷え性だと自覚があるので冷え対策には注意をされていました。
でも血行が悪くストレスもたくさんあるので自律神経も乱れておられる感じでした。

施術を重ねることで、「今年はしもやけにならなかったです。ありがとうございました。」という感想をいただきました。

脳の管理能力が正常に近づくことで、血流もアップしてきているものと考えられます。
「しもやけ」まで変化を実感してくださいまして、また貴重なご感想をいただきました。
Nさんありがとうございました。

まとめ

  • 冷えが原因でしもやけが起こりやすい
  • しもやけは血行障害なので自律神経も関係する
  • ストレスを溜め込まない生活が大切
  • 徐々に温める
  • 軽い運動と睡眠、整体で体を整える
  • 姿勢を整えてふくらはぎを柔らかくする

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

健康情報冷え女性の悩み腰・股関節・坐骨神経・膝・足首・足裏・外反母趾の不調自律神経整体
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました