▶▶当院のコロナ対策

心身共に疲れを溜めない生活習慣を伝授

心身共に疲れをためない生活習慣はとても大切です。
朝、昼、夜で分けて考えていきます。
いろんなストレスがあって、なんだかやる気がしないな~とお悩みの方、寝ていても翌朝、疲れが残っている方、施術をさせていただいた後も、健康な状態を維持したい方、どうぞご覧になってください。

この記事を読んで欲しい方

なんとなく体調が不調で生活習慣を見直そうと考えている方

心身共に健康を維持するための生活習慣のヒント

朝にオススメの生活習慣

①タンパク質とビタミンでエネルギーを蓄えてください

朝は血糖値が下がっています。
これから動くので朝食は抜かない方がいいです。
卵やバナナなどの果物がおすすめです。
できれば炭水化物は少なめにしてください。
またバナナにはセロトニンの材料となるトリプトファンがたくさん含まれますので、特にオススメです。ただバナナにはカリウムが多く含まれているので食べ過ぎには注意してください。

②女性の方は朝の家事を少し手抜きしてください

あまりにも完璧にし過ぎようとする方が多いです。
週に1回くらいはズボラでいいんですよ。
「○○しなければならい」という固定概念が信念となっている方は、特に注意してください。
きっちりした女性に多いです。
このような場合は、ゆったり過ごす日を作ってください。
電気のブレーカーをイメージしてください。
洗濯機やドライヤー、テレビに掃除機と一気に使ったらどうなりますか?
ブレーカーが落ちますよね。
だからコンセントを抜くことが大切なんですよ。
電気のブレーカーが落ちないような感じで手抜きすることが大切です。
「今日は主婦の休日だ~」と声を大にして言って休む宣言してください。(o^―^o)ニコ

③朝日を浴びて深呼吸!セロトニンを活性させてください

朝日は最高です。
セロトニンが活性します。セロトニンとは自律神経のバランスを整えてくれる物質です。
朝日を浴びるとセロトニンが分泌されます。セロトニンは精神の安定につながります。そして、セロトニンは夜にはメラトニンに変わります。メラトニンは睡眠誘発物質ですので、睡眠の質にも大きく関わります。是非とも朝日を浴びてください。ガラス越しではなく、朝の直射日光です。ガラス越しでは光が屈折してしまうからなのです。

また、姿勢を整えて深呼吸をしてくださいね。
深呼吸することで、副交感神経が優位に働いてくれてリラックスできるのです。

昼にオススメの生活習慣

①軽くウォーキングしてください

夏では、あまりクーラーの中でいるとクーラー病になっちゃいますよ。
冬はじっとしすぎると運動不足で血流も悪くなります。
新型コロナの影響で自宅待機の状況が続いておりますが、家の前を少し散歩することや、ベランダに少しでる、部屋の中でトレーニングするなどは、いいですよ。

私のオススメは単独、もしくはご夫婦、ご家族などの少人数での自転車やウォーキングです。
たまにはウォーキングして一人もしくは少人数のご家族で公園でお弁当ランチなんかもおすすめですよ。

②癒される音楽がおすすめ

川のせせらぎ、風の音、波の音などがとても癒されます。
リラックスしてお過ごしくださいね。
私は実家の渓流が大好きです。
フライフィッシングに最近、はまってますが、渓流の流れる音を聞くだけで落ち着きます。

③たまに高級なスムージーやジュースやお菓子もおすすめ

ちょっと気分的にリッチになるのもおすすめです。
いつもより、ちょっと贅沢すると、テンションがあがります。
あえて推奨してませんが、プレミアムと言う名前の商品が最近、多いですよね。
これだけでも、ちょっと贅沢気分を味わうことができますよ。

自分のご褒美を上げることは自己肯定感の向上につながるのです。
普段の自分にご褒美をあげてください。そして自分を労ってあげてください。

夜にオススメの生活習慣

①寝る前は感謝と自分を褒める

一日の反省は絶対に夜にしないでくださいね。
おすすめは「スリー・グッド・シングス」です。
今日あった3つの良い事を思い浮かべてみてください。
そんな特別なことでなくていいんですよ!思わず、ラッキー!といいたくなるような事です。

例えば、「時計をみたら11:11だった!ラッキー!」「四つ葉のクローバー見つけた!」「茶柱が立った!」みたいな感じです。

夜、寝ている間にシナプスという神経の伝達があるのですが、それが太くなることがわかっています。
簡単にいいますと、夜寝ている時に「良いイメージ」のことを思い浮かべる癖ができると、その思考の回路が強くなるということなのです。
だから、夜寝る前に、自分にとって良いことを思い浮かべることが、あなたにとって自己肯定感を上げることにつながるのです。

②フワ〜とした柔らかいものに触れてください

色も淡い色やピンクなどがおすすめです。
当院で姿勢指導で使っているようなビーズクッションのMOGUのような柔らかい素材に触れるのもおすすめです。
色と肌触りはとても重要です。

当然、赤ちゃんを抱っこしたり、ペットを抱きしめることも、とても癒されるのでオススメです。

③パソコンやスマホを寝る前に触らないでください

パソコンやスマホのブルーライトは目を覚醒してしまいますので、寝る前はスマホやパソコンを見ないでください。
逆に、ちょっと難しい本を読むのはいいですね。眠たくなります。興奮するような本はやめてくださいね。

また、スマホを目覚まし時計代わりにしないでください。電磁波の影響を脳が受けてしまうのです。
ですので充電も寝ている部屋でしないことをオススメします。または電磁波カットのシートを貼ってください。

カフェインはやめてください

特に夜、寝る前にはカフェインは口にしないでください。
できればカフェインは朝も口に入れない方がおすすめです。
カフェインは、空ゲンキを出してしまい、あなたの体力を奪ってしまうのです。

ですので自律神経が乱れている方、身体の不調がある方は、カフェインは止めてください。

メンタルの不調から体への影響を受ける場合

強いストレスを受けますと交感神経が優位になります。
すると交感神経の働きが当然上がります。
つまり、血流を上げ、血圧をあげ、筋肉を緊張させて、喉がかわき、血糖値も上げます。
呼吸も早くなり、心臓もバクバクしたりします。

そして感情を我慢してしまいますと、身体に反応が出るのです。
だから、できるだけ感情の抑圧をしすぎないことが大切です。
もちろん社会生活を営むので子供のように、なんでも怒ったり、泣いたりできません。

社会性が出てくるとみんな仮面をかぶっているんです。
仮面をかぶらないとコミュニテイーでは生きずらくなります。
家でもそうですよ。お母さんの仮面、妻の仮面、仕事の時の仮面、みんな仮面をかぶっています。
仮面だけでなく仮面と影があるんです。
どちらもあるもので、良いとか悪いではないのです。
ですので自分に合ったストレスの発散方法をしっかりと各自で身に付けておく必要があるのです。
そうすることで、原因不明の体の痛みなどの不調で悩まされなくて済むのです。

姿勢とメンタルの関係について

姿勢が悪くなると脳への血流が不足し、お腹の血流も不足します。
その姿勢を続けると、メンタルも落ち込みやすくなるということがわかっております。
ですので、なるべくポジテティブに考えられるように「姿勢」を正してください。
詳しくはこちらをご覧ください。

まとめ

  • 朝は朝日を浴びる
  • 昼間に軽い運動をする
  • 夜はスマホヤパソコンは控える
  • 寝る前は3つ良い事を思い浮かべる
  • 姿勢に注意する

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

ダイエット健康情報全身調整整体女性の悩み当院の施術メニュー患者様の喜びの声自律神経整体
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました