▶▶当院のコロナ対策

右手の感覚がおかしい!力が入らず、しびれに悩む女性の解決法

今まで、できていたことがズムーズにできません。

脳の病気かと思い検査をしても異常がありません。

どうしたらいいでしょうか?

このようなお悩みを解決します。

突然、指がスムーズに動かなくなったらビックリしますよね。
まずは念のため脳の病院で検査を受けてください。検査に異常がない場合は、神経伝達などかもしれませんので、血流や刺激などが原因かもしれません。
当院へご相談ください。

この記事を読んで欲しい方

指が動きにくくなったり、今までできていたギターを弾く、野球で玉を投げる、ゴルフでクラブを振るなどの動作が突然、うまくできなくなってお悩みの方

右手の感覚がおかしい!力が入らない!

右手だけ、感覚が、なんとなくおかしいという50代女性の方のお話です。
スポーツをされていて右手の異常な感覚でお悩みです。少しの違いでプレーにも影響いたしますので調整して試合に備えたいということでございました。

スポーツをされておられますとイップスやジストニアなども可能性はありますが必ずしもそうだとは限りません。全ての方が違いますので変化のある方も、いらっしゃいますので興味がございましたらどうぞご覧ください。

お正月疲れから背中の張りを感じる

お正月があけて、お電話をいただきました。女性の方です。
家族が帰省されて10人分の食事やお世話で、ずっと台所に立っておられたそうです。
みんながワイワイしているのを見られていると、とても幸せな気持ちになりますよね。

でも、みんなが帰ったあと無理をされていたのが実感できます。

突然、背中に強烈な張りを感じられました。

そこから右肩、右腕、右手まで、しびれに似たようななんともいえない感覚になられたそうです。
手のひらをみていると、なんだか右手だけ白く感じたそうです。
握る動作もなんか右手だけおかしいということでした。

背中から腕、手の感覚がなぜかおかしい

もしかしたら脳かもしれないと思うくらいお辛かったそうです。

ということですぐに脳神経外科へ受診されました。結果的には異常はありませんでした。
そして当院へお越しくださいまして、当院でも、できる限り、いろんな検査をさせていただきました。

  • 目の動きをみたり
  • 痛覚
  • 振動覚
  • 触角
  • 温度覚
  • 握力検査
  • 片足立ちなどのバランス検査

など、できる検査はさせていただきました。
運動的には問題はありませんでしたが温度の感覚と触覚が少し気になりました。
左右の首と腰の動きに関しては、お疲れが、ものすごく顕著にあらわれておりました。

運動と脳

脳からの運動の指令は、このような感じになっております。

①から③の順に伝達される

動作がスムーズに行えなくなったり、止めようと思っても震えてしまったりする場合で、良くならない場合は、一度、病院で検査を受けてください。

当院での検査

首の動き

左 50度  右  23度

腰の動き

左 38度  右  46度

でした。かなり可動域が悪くなっておられます。

手のひらの温度に左右差がある

手の平はあきらかに右手が白かったです。体表温度計で計測いたしますと

左 31.6度  右  30.6度

と1度の差がありました。右手の血流が悪くなっておりました。
腕に走っている神経と血管は仲よく並んで走っています。こんな感じです。

*黄色が神経で青が静脈で赤が動脈です。
*出ている場所は首から脇の下を通って出ております。

ですから温度差があれば感覚の左右差や運動の左右差があってもおかしくないと思われます。

手を握る動作に違和感がある

手の運動能力的にも少し握力が違いましたが、それほどは差がありませんでした。
しかし運動をされるという方は微妙な違いでもプレーに大きく影響します。

ですので試合が近いということなので、なんとかしたいということでした。
運動がおかしくなるのにイップスやジストニアというのもございます。

またパーキンソン病でも運動がスムーズにできない場合があります。
下の記事は当院のパーキンソン病の方です。どうぞご覧ください。

施術後の変化を感じていただけました!

可動域の変化

左 50➡85度  右 23➡85度

左 38➡70度  右 46➡70度

手のひらの体表温度

左 31.6度⇒34.4度  右 30.6度⇒34.4度

手の動かしやすさの変化も実感してくださいました。

背骨を調整させていただき首を重点的に調整し筋肉を緩めて正しい信号が伝わるようにさせていただきますと自然治癒力が働いてくださいます。

長年の手の不調などでお悩みの方がいらっしゃいましたら、どうぞ一度、ご相談ください。

まとめ

  • 手の運動がスムーズにできないと感じたら、一度、病院へ行く
  • 脳と運動の関係で運動に支障が出る場合がある
  • パーキンソン病などの場合はスムーズにできないこともある

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

首・肩・肘・手・指の不調
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました