▶▶当院のコロナ対策

心の安定に必要なオキシトシンとセロトニンを上げる3つのポイント

現在、別の整骨院で産後骨盤矯正に通っています。

腰痛も酷くなるばかりです。

最近、とても疲れやすく、何もやる気がありません。

他人はもちろん、主人に触れられるのも嫌な事があります。

私は育児に対する不安が常にあります。

また赤ちゃんが泣き止まなくて、イライラしてしまうこともあります。

何か解決策はありますか?

このようなお悩みの解決のヒントになれば嬉しいです。

人間にとって大切なものは何でしょうか?

いろいろあるでしょうが「愛」というのも、その1つだと私は思います。特に赤ちゃんには、お母さんなどの養育者からの皮膚接触や愛着、愛情がとても重要です。

当院では産後骨盤矯正をさせていただいております。
お母さんの負担を少しでも減らすために毎回、抱っこの仕方などを指導させていただいております。
間違った抱っこの仕方はママやおばあちゃん、養育者さまの腱鞘炎や腰痛の原因になったりすることもございます。

また代々受け継がれていることでも「正しいと思っていたこと」が実は間違っている場合もございます。

産後のママさんで最近イライラしたり不安になることが多い方は、オキシトシンというホルモンの分泌減少が影響している可能性があります。

もしも同じようなお悩みが少しでもございましたら、どうぞ参考にしてください。

この記事を読んで欲しい方
  • 幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」と「オキシトシン」について知りたい方
  • 肌の触れ合いが少ないと感じる方
  • 安心や自信ということが最近とても少ないと感じる方
この記事を読んで得られる効果

愛着形成の大切さがわかりオキシトシンとセロトニンを分泌できる

心の安定に必要なオキシトシンとセロトニン

カンガルーケアについて

私が生まれたのは1970年代です。
第二次ベビーブームですね。ちょうど、私たちの親世代が第一次ベビーブームと呼ばれています。

最近(2018年)では赤ちゃんの産まれたのは94万6000人だそうです。赤ちゃんの生まれる人数は毎年、どんどん下がってきており、過去最低だったそうです。

参考:日本経済新聞

人口統計の図を見ると、このようになっています。今後は、出生率も減り、超高齢化社会に突入していきます。

参考:総務省の統計資料より引用

これを見ると支える側の子供たちが減ってくるので、「きのこ」の形のように、どんどん頭でっかちになります。

また最近では発達障害のお子さんが増えているということがあるそうです。

ある調査では1989年は33人だった発達障害児は2013年には726人と20倍になっているそうです。また多動や注意喚起などを含めると、もっとたくさんになっているそうです。
こちらの統計は、診断を受けていない方が、たくさんいらっしゃいますので、具体的な数字ではないと推測できますが、参考にはなります。定義として日常生活で困っていない場合は障害ではありません。

発達凸凹については、完全母乳による低血糖が問題であるかもしれないとも言われています。

参考:「久保田産婦人科麻酔科」ホームページより

国でカンガルーケア、完全母乳、母子同室という出産管理が推奨されています。

でも、あまりに執着したような考え方ですと赤ちゃんが危険にさらされることもあるのも事実です。

私は哺乳類は肌の接触は、とても大切だと考えております。
それがカンガルーケアです。
カンガルーケアとはママが赤ちゃんを素肌の胸の上に抱っこすることです。
そして母子同室というのも赤ちゃんの傍でママがいるというのも良いとされています。

ですが室温が低く赤ちゃんにとっては、お辛い状態になる可能性も懸念されています。基本的には皮膚接触という面からみると大切なことだと私は考えております。

久保田先生によると分娩室は赤ちゃんには寒すぎるということです。
そして出産直後は母乳も、あまり出ないのでカンガルーケアは、おすすめできないということです。

赤ちゃんが元気でいられるのに必要なもの

子供とのふれあいは大切です。
哺乳類には生きていくうえでは、皮膚接触は絶対に必要なものです。
これがないと死んでしまうといっても過言ではありません。母乳、ミルクと皮膚接触が大切なことは事実です。

母乳は完全ではない

1993年ごろはミルク(人工)と母乳の併用だったのが最近では完全母乳が推奨されすぎているそうです。

赤ちゃんには1日、約240CCミルク(母乳)が必要だそうです。
ですが産後直後のママは母乳の出が悪いそうです。

出産後3~5日してから母乳が出る方が多いそうです。

そこでミルクと併用していればいいのですが、あまりにも母乳にこだわりすぎると赤ちゃんは低血糖を起こしてしまい、低体温にもなってしまう可能性があるそうです。

それで命を落とした赤ちゃんもいるそうです。

医師の説明も「生まれた赤ちゃんは3日分の栄養をカラダの中に持っているので、母乳がしばらくでなくても大丈夫」と説明されるそうなのです。

これを完全に間に受けているとミルクが不足して低血糖を起こす可能性があるのです。
すると発達障害になる可能性もあるそうです。

オキシトシンについて

オキシトシンは哺乳類だけが持っています。
心が癒されるときに分泌されます。
幸せな気分になります。

オキシトシンの主な役割としては、子宮を収縮させて出産を促す作用があります。
そして母乳を分泌させます。
母性愛とも深く関係しております。
抱っこやハグでも分泌されますので男性でもオキシトシンは分泌されるといわれています。

オキシトシンの効果

  • 人への信頼、親近感
  • ストレスが消えて幸福感が得られる
  • 血圧の上昇を抑える
  • 心臓の機能をよくする
  • 長寿になる

オキシトシンが分泌されるといろんな良いことが起こります。

女性脳➡➡➡➡母親の脳になるといわれています。

母乳を出すことによって1日に何回もオキシトシンが分泌されます。
その刺激で女性からママへ変わっていきます。

柔道選手の野獣といわれた松本 薫選手の引退会見が印象的でした。

今後、野獣になることはあるのか、との問いには「もしも誰かが娘の命を狙ってきたら野獣になります」と答えていた。

参考:2019年4月7日のスポーツニッポンの記事より

母親は自分の命よりも子供の命が第一になるのです。

オキシトシンの分泌で変化するのは脳の偏桃体です。
偏桃体は好き・嫌い・不安・恐怖などを感じます。

オキシトシンが分泌されると「安心」「信頼」「愛情」「愛着」「癒し」「安らぎ」「母性」など人との絆、結びつきと関係してきます。社会で生きていく上で、とても大切な能力のうちの一つです。

オキシトシンが分泌されるにはスキンシップが大切です。
赤ちゃんの抱っこをすることで母乳が出やすくなります。

オキシトシン分泌促進!
  • オキシトシンが分泌されると快楽物質のドーパミンが放出されやすくなる
  • 特定の人、パートナーだけを愛するようになる
  • 一人の相手を22回ハグするとオキシトシンが放出される
  • 触れ合い、キス、見つめ合う、性的オーガズムで大量のオキシトシンが放出
  • 笑顔でいることでオキシトシンが分泌されやすい

一方でストレスが強くあると女性の場合、コルチゾールがオキシトシンの分泌を妨げるため、性的欲求や身体接触への欲求が急減します。

ですので不安障害、パニック障害、自律神経失調症などの方もオキシトシンの分泌が増えていくように肌の接触をたくさん、意識してやっていただけたらと思います。

参考文献:「ソマティック心理学」より 久保隆 著

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソマティック心理学 [ 久保隆司 ]
価格:3,850円(税込、送料無料) (2023/4/15時点)


心の安定に必要な3つのポイント

セロトニン神経の神経細胞にはオキシトシンの受容体があります。
ですのでオキシトシンがたくさん分泌されて受容体に到達しますと同時にセロトニンも出やすくなるのです。

セロトニンが分泌されますと脳の状態を安定させることになり心がおだやかで平常心を作り出すことができます。

また自律神経に働きかけてくれますので痛みを和らげる効果もあります。

セロトニンを活性化させるには

  1. リズムのいい運動(ウォーキング、フラダンスなどの踊り)
  2. 太陽の光を浴びる
  3. グルーミング(肌の接触が大切です)

が大切です。

参考:「脳の疲れがとれる生活術」より 有田 秀穂 著

当院の心がけていること

当院の施術は副交感神経を活性化させるような気持ちの良い手技ばかりです。

当院の施術はオキシトシンとセロトニン分泌には大変いいと思われます。
どうぞお悩みの方は一度、受けてくださいね。

当院のメインの施術

背中を優しく揺らす「気持ちのいい」施術です。

セロトニンを活性させるために

セロトニンを活性するには
  • 朝日を浴びる
  • 同じリズムの運動する(フラダンス、盆踊り、ウォーキング)
  • タンパク質を食べる(バナナ、大豆製品)
有田秀穂先生より学んでおります

ご感想

どんな症状・お悩み

産後、骨盤がずれていた為が左足が痺れ歩けなかったこと。

背中や腰に激痛が走っていたことに悩み来院しました。

今回でお辛かったこと

出産後1カ月くらいから歩けない、座れない、寝返りをうつのも、かなりの痛みに耐えてでないと出来なかったことが、精神的にも辛かったです。加えて持病の腰痛も輪をかけて酷かったので育児をすることが、とてもしんどかったです。

来院されてどうでしたか

まず結果からお伝えすると妊娠前のように治りました!最初に自覚できた変化は首~肩にかけての痛みやコリが減り、首が回るようになりました。

そこから主症状の足の痺れや痛みが、回数を重なる度に減っていきました。

実は先生にお世話になる前、他院へ3~4カ月通っていたのですが、改善がなく泣く程の痛みに本当に困っていました。

ですが、なんと2カ月でかなり実感できる改善に感謝の気持ちでいっぱいです。

ご感想

先生のお陰で心配していた復職も問題なくでき、心から感謝しています。また私は10歳の頃から骨の成長の仕方に不具合があり、それに対してカイロプラクティックや鍼など、色々痛い思いをしてきたのですが、こちらは痛いどころか気持ち良くて寝そうです。(^▽^)/

慌ただしい日々の貴重な癒しの時間です。

身体の不調を保つためにも今後も定期的にお世話になりたいと思います。ありがとうございました!


東大阪市 パート 20代 女性 I.Mさん

まとめ

  • セロトニンとオキシトシンを安定させることが大切
  • イライラや不安が多い場合は、抱っこや皮膚接触が有効
  • 太陽の光を浴びて、リズム運動するとセロトニンが増える

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になり自然治癒力が上がります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
「正しい刺激」は、当院の施術で全身調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

うつ病不安障害健康情報全身調整整体女性の悩み産後骨盤矯正発達凸凹自律神経失調症自律神経整体
スポンサーリンク

*当院のサイトはアフィリエイトを含みます。

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました