▶▶当院のコロナ対策

トイレに4時間引きこもり、学校に行けない中学生!愛着障害と認知の歪みが原因だった

学校に行きたくない!
朝、起きれないんです。

自宅のトイレに引きこもって誰とも話したくないです。

どうしたらいいのでしょうか?

このようなお悩みを解決します。

学校に行けないのは、子供さんの課題でしょうか?
世間体や学校に行って当たりまえと思っている親御さんの都合でしょうか?
誰が悪いとか、誰かの責任だということではありません。
思考や考え方を見直すヒントになっていただけたらと考えます。
どうぞ参考にご覧ください。

この記事を読んで欲しい方
  • 学校に行けなくて困っている方
  • 学校に子供が行ってくれなくて困っている親
  • 親の愛着が少なかった方
  • 「○○すべき」「○○しなければならない」思考の強い方

トイレに4時間引きこもり、学校に行けない方の解決法

自宅のトイレに引きこもってしまい学校にも行けないということでお悩みの方のお話しです。
学校でいじめにあっているということではありません。
友人もいます。
問題となっているのは何だったのでしょうか?

突然の腹痛、朝、起きれない

当時、おみえいただいた時は中学1年生でした。
現在、今年(2019年)の4月から中学2年生です。
出席日数がちょっと足らないかもと悩んでおられましたが、なんとか2年生になることができました。よかったです。

当院へお越しくださったのは9月ごろでした。
最初はお母さんと一緒に来てくださいまして、第一印象は「大人しい男の子だな~」という感じでした。

質問に対しても、お母さんにそっと聞くような感じで自分の意見はあまりいわず、声も小さくあまりハキハキしゃべるという感じではありませんでした。

代わりにお母さんがしゃべってしまうという感じを受けました。

お困りの症状

  • 朝が起きれない
  • 学校に行きたいけど行けない
  • めまいがする
  • スマホ依存で夜更かしして2018年5月から調子が悪くなった
  • 頭痛がしょっちゅうおこる
  • ベッドから起き上がると、フラフラする
  • 立ち上がったらフワフワする
  • 頭に電気が走るような時がある
  • お腹が痛くなる、食欲もない
  • 下痢が続く

お母さんから聴いたところ最高トイレに4時間くらい、こもったきり出てこなかったことがあったそうです。疲れ果てて、中で眠ってしまったそうです。

4時間トイレに引きこもり

この男の子、体の機能的には、なんら問題はないそうです。
普通に歩けますし体育も、できていたそうです。
お身体の不調というのは日常生活では支障がない状態でした。

いろいろ検査しておりますと痛いなどの感覚は少し鈍い感じを受けました。

これはストレスに、さらされ続けて感覚を鈍くして痛みなどを、なるべく感じなくしている時によくおこります。

「いじめ」でもなく4時間もトイレに引きこもるっていうことは何かの病気ではなく、メンタル面、自律神経の乱れから来る可能性を考えます。

こんな場合は、その方、本人というよりも母子関係に注目すべき点があることが多いです。

例えば母親にかまって欲しい赤ちゃんはどうしますか?

泣きますよね。
来てくれてあやしてくれたり母乳をもらったり、おむつを替えてもらったりするために赤ちゃんは泣いて知らせます

ですのでこの男の子も母親に対して振り向いてもらおうという無意識の行動が、このような引きこもりをしてしまっている可能性があるのです。

もちろん、これが全てではございません。

ですので、私は母親との関係に注目しました。

まずは、お母さんがどんな人で、どのようにして育ててきたのかに注目いたしました。
またお母さんの育った環境にも注目します。

大人になるとはどういうこと?
  1. 赤ちゃんは「心地よさ」を持って生まれる
  2. 育児期は「正しさ」「損得」を身に着けていく
  3. 思春期は「心地よさ」を復活させていく

赤ちゃんの時は、「心地よい」か「不快」かで判断して生きています。
例えば、おむつが濡れて気持ち悪かったら、泣きます。
夜も何かあったらお母さんにお世話してもらうために、泣きます。
お母さんの都合を考えて「泣かないでおこう」とはしません。

幼児期になると、だんだん、物事の良しあし、正しいか、正しくないか、損か得かを判断して身につけていきます。

そして大人になっていくと、そのやっていることが、自分の「やりたい事」か「やりたくない事」、つまり心地よいかどうかを復活させてバランスを見ながら判断していくのです。

これが精神的に成熟した大人です。

インナーチャイルドを抱えていると、社会性はいいのですが、自我が小さくなりがちです。
すると相手の事や顔色ばかりを気にし過ぎてしまいます。

これは「我慢」になります。
我慢ばかりしていると、つまり感情を抑圧してばかりいると身体に症状が現れます。

感情の抑圧による症状
  1. いつか感情が爆発してしまう!キレる!
  2. 身体に症状がでる(肩コリ、腰痛など全身の痛み、下痢、動悸、息切れなど)
  3. 嫉妬、妬み、さらに悪化
  4. 他の感情が感じにくくなる(感じると辛いから)
  5. 他の感覚が感じにくくなる(味がしない、聞こえにくいなど)

お母さんの性格・思考の癖

  • お母さん自身が忙しい両親の元で寂しい思いをして育てられた。
  • お母さんは長女で下の兄弟の世話をしてきた。
  • 嫁に来たときから姑にいじめられ、キッチリと家事や育児をこなしていた。
  • 息子の躾には極端に厳しくしていた。(親戚に文句を言われたくないから)
  • ○○しなければならないというのが口癖である。
  • 完璧主義で子供にも押し付けている感じを受けた。
  • 子供は可愛いと思っているが「ハグ」をあまりしなかった。
  • 自分はエリートで勉強もよくできたため、子供も当たりまえにできると思っている。
  • 世間体を重んじ見栄が強いと感じる。
  • お母さんも親の愛情をあまり受けていない育てられ方をした。
  • 子供はこうあるべきだと強く信じている感じを受けた。

最近、毒親というのを、よく耳にします。毒親の特徴と、その親に育てられた子供の「脳の影響」について見ていきます。

毒親の特徴は6種類に分けられます。 

いくつか重なることもあります。

このような親に育てられると「脳」に影響が出ることがあります。

愛着形成とは

愛着とはママと赤ちゃんの間の愛の形成です。
赤ちゃんがママに振り向いてもらおうとする行動はこんなことがあります。

発言行動

ママを呼ぶために泣きます。
微笑みます。(生理的微笑)

定位行動

気づいてもらうための行動です。
ママの声の方を向く、ママを目で追うなどです。

接近行動

不安に感じた時に、ママのところへ向かう。しがみつくなどです。

この不安に感じた時すぐにそばにいてやることが愛着形成ではとっても大切なんです。

愛着形成とは安全基地を作ってあげることです。
安全基地があると不安な時はすぐに戻れます。
それがあると少しづつ、どんどん遠くまで進めるようになるのです。
すなわち自立できるようになるのです。

愛着形成については↓↓↓をご覧ください。

ママの赤ちゃんに対する愛着の行動

  • 声かけ、オウム返し
  • 笑い返し
  • アイコンタクト
  • イップ、ハグ、抱っこ

これで愛着が形成されていきます。
そして愛着には4つのタイプがあります。

愛着の4タイプ
  • 安定型(ママがいないと泣き、戻ると安心して笑う)
  • 回避型(ママが見えなくても泣かない、無反応)
  • 抵抗、両価型(安心できない、あまのじゃく、親の過干渉と放置の差が激しい場合)
  • 混乱(回避と抵抗の混合、親から虐待を受けている場合になることがあります)

愛着は生後半年から1歳半で愛着を深め2歳くらいで形成されるといわれています。

ただ、これを意識しすぎて過干渉、過保護になってしまいますとママのストレスが強くなってしまいます。
結局、きちんと愛着が形成されない場合もありますのでママも無理をしないでくださいね。
また、過干渉、過保護は、お子さんの自立の妨げになる場合が大いに考えられます。

母子関係とは

特に母子関係がとても重要とされています。
いろんな事情で父子の場合や祖父母などの場合もありますが基本的には母子の関係が大切です。

母子関係で大切なこと

お母さんと子供の必要な関係性
  • 子供の”ありのまま”を受け入れる
  • 子供の自主性が芽生えたら、自主性を大切にしてあげる
  • 頭ごなしに叱らず、子供の”言い分”もちゃんと聴き、コミュニケーションを大切にする
  • 子供の「自分は役に立っている」という気持ちを尊重する
  • 親の型にはめず、個性を尊重する

僕も自分の子供に対しての接し方で反省すべきところがたくさんありますが、今からでもちゃんと話をしてコミュニケーションをとることが大切だと感じております。

インナーチャイルドから考える

まだ中学生の方ですので、本心がどうなのか?どのように感じているのか?感情を出せているのか?など問題点はありますが、少しづつお話を聴いていくようにいたしました。

そこでインナーチャイルドもしくはアダルトチルドレンという面からも考えていこうと思います。

まずインナーチャイルドがあるお子様は、このような機能不全家族に育てられている可能性があります。こちらのお母さんはご自分が厳しい躾で育てられ、子供とはこうあるべきだという意識がかなり強すぎました。

そうなるとお子さんは親の期待通りに生きようとしますので、このお子さんは①~③の全てが当てはまったような感じで育ったそうです。

そうなると他人をシャットアウトしたり、お母さんに怒られるかもしれない、悲しませたらダメだという想いが強くなりすぎるため、自分軸ではなく他人軸で生きていく癖がついてしまいます。
すると不安傾向が強くなり生き辛くなってしまうことが多いのです。

このような時は、未来や過去ばかり考えてしまい、脳が疲れてしまいます。
このインナーチャイルドから回復するには「今ここ」を感じる訓練が必要になってきます。

今ココを感じる体操

認知の歪みからの解決法

自分が育った環境が直接、自分の子供にも、それが絶対に正解だろうと思い込んでいることってあるんです。

それを「認知の歪み」といいます。

①全か無か(完璧主義、やらないための言い訳になっている可能性がある)

②一般化のしすぎ(みんな持っているから欲しい・・・など)

③こころのフィルター(テストで90点とっても間違った10点に執着する)

④マイナス思考(応援してくれる人のことを素直に受け入れられない)

⑤結論の飛躍(メールに返信がなかっただけで嫌われたと思い込む)

⑥拡大解釈と過小評価(短所を拡大解釈し長所を過小評価してしまう。自分に自信がない)

⑦感情的決めつけ(私がイライラするのはあいつの行動のせいだ)

⑧すべき思考(自分の思考を相手に押し付けてしまう)

⑨レッテル貼り(自分の知っている範囲で物事を固定化してしまう。相手の話を聴かない)

⑩個人化(起こったことは必要以上に自分の責任だと決めつける)

認知の歪みの解決方法

トリプルカラム法

今の気持ち認知の歪み落ち込まない考え(事実ベース)
上司、先生の指摘が怖いので、なかなかレポートが出せない。全か無か思考こまめにチェックしてもらって修正を加えた方が、良いレポートができるはず。

と、このように考えていくのです。認知の歪みについては↓↓↓の記事をご覧になってください。


もちろんこれ以外にも、いろんな解決法がございます。
その方に、その時に必要な解決法を選択して、一緒に解決していきたいと思います。

当院のアプローチ

整体で体を整えることで安定します。身体が安定しますと心も安定していきやすいです。
ですので思考でばかり解決しようとせず、身体からの安定をまずは、やっていきます。

すると体力が増えてくるので、自分に自信もつきやすいです。すると自己肯定感が増えてきて、解決しやすくなるのです。

まとめ

  • 子供の行動は親の影響を受けることが多い
  • 親の認知の歪みが子供を苦しめる事もある
  • 親とは「木の上に立って見る」ということで見守ることも大切
  • 引きこもりを「愛着」から考える

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

お腹が痛い(過敏性腸症候群)めまいパーソナリティ障害不安障害冷え息苦しい手の震え・しびれ眠れない社会不安障害胃の不調自律神経失調症自律神経整体頭痛
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました