▶▶当院のコロナ対策

長引く慢性の肩こりと背中の痛みを解決する3つの方法

肩こりが辛くて困っています。

数十年と肩コリを感じています。

パソコンを使ったり、長時間スマホを見たり、読書や編み物をしたりすることも多いです。

姿勢が悪いと自覚しております。

マッサージに行っても次の日には、とても痛いです。

どうしてでしょうか?

何とかならないでしょうか?

このようなお悩みを解決します。

慢性の肩コリ、背中の痛みや緊張、についてお困りの方です。
肩コリには大きく3つの種類があり、それぞれに対策もあります。
原因も症状も予防法も解決法も、ちょっとづつ違いますので、お悩みの方は自分に当てはまるものを知って、どうぞ、参考にしてみてください。

この記事を読んで欲しい方

肩こりが辛くて、眠れない、頭痛、めまい、イライラなどでお悩みの方

肩こりの3つの原因と対策

①疲労や悪い姿勢などの一般的な「肩コリ」の対策

多くは左右両方の肩が凝ります。仕事などによっては片方が極端に強く感じることもあります。

考えられる原因は、悪い姿勢、長時間のデスクワーク、運動不足による筋力低下、片方の肩だけにカバンをかける、働きすぎによる疲労、寒い環境による冷え、加齢、睡眠不足などの生活習慣が考えられます。

症状としては、首~首筋、背中にかけて筋肉が硬くなって「コリ」を感じます。頭痛や吐き気まですることもあります。

肩こりの筋肉(僧帽筋)

肩や首周辺の筋肉が硬くなると血流が悪化して、老廃物が流れにくくなります。
筋肉に過度の負荷がかかって緊張して硬くなってしまう場合もあります。これが「コリ」です。

まずは自分で運動することです。酷い場合は整体などで調整することが大切です。

肩の力の抜き方の体操
背中が痛い方にはストレッチポール(当院で安く買えます)
良い姿勢をキープするコツ

②ストレスなどからくる「肩コリ」の対策

ストレスを強く受けると交感神経が興奮します。
すると筋肉が緊張します。
すると肩コリが起こります。
時間にせかされたり、やるべきことが多すぎて追われている場合も交感神経が優位に働きます。

また左肩が凝る、痛い場合は「不安」「恐れ」がある時が多いです。逆に右肩の場合は「イライラ」「怒り」が隠れていることが多いです。

また戦争などのニュース、事故などのニュースばかり見ていると、自分に同じようなことが起こっているように、脳や自律神経は反応してしまう特徴があります。
すると不安や恐怖を身体に感じます。そのストレスが肩こりとなって症状として現れてくることがあるのです。

ストレスからは「逃げる」か「戦う」かです。ストレスとなるような物事からは「逃げて」ください。

几帳面、真面目、責任感が強い、ストレスを発散できていない、悩みや不安を常に抱えている、イライラしている、○○しなければならない、○○すべき、ゼロか100の様に白黒ハッキリしたこだわりがあるなどの性格の方は要注意です。

人に任せられず、自分で問題を多く抱え込んでしまうと、精神的ストレスから肩コリは良くなりません。

まずはストレスを減らすことを優先してください。

ストレスには「精神的」「構造的」「化学的」「温度・湿度」の4種類があります。これらを全て減らしていきます。

そして、ストレスに対抗できるようにしていきます。

その対抗手段が、「情緒的サポート」「対処能力」「体力」「自己尊重感」です。

情緒的サポートとは、あなたのことをわかってくれる人が周囲にいるかどうかです。一人でもいいのです。相談できる人はいますか?

対処能力は、思考、感情、行動などの対処の仕方を知っているかどうかです。これは、専門家である私がアドバイスさせていただけます。

そして体力です。これは構造的ストレスが減ると体力が増えます。

そしてご自身では「自己尊重感」が大切です。自分で自分の好きなところを1分間で10個はスラスラ書けるように訓練してください。

③整形外科や内科などの病気が原因の「肩コリ」の対策

頸椎椎間板ヘルニア

首の骨の間にある椎間板が後方へ飛び出し、神経を圧迫して、腕がしびれたり、力が入らなかったりします。

肩腱板損傷

腕を上げることができないくらい痛い。
片方の手で持ち上げると、持ちあがるが、自力で上まであげることができないことが多い。

四十肩

急性期の場合は痛すぎて、どの方向でも痛い。自力で上げられます。
ちなみに腱板損傷は自力で上げれません。

頚椎症性神経根症

椎間板の変形で棘のようになって神経根を圧迫してしまいます。
肩甲骨周辺に耐えられない痛みが走ることがあります。

胸郭出口症候群

肩の関節の周りで神経が圧迫されます。
電車のつり革を持とうとしたら、痺れや痛みなどの症状が出ることが多いです。

腕や手の痺れが出ることもあります。

参考ホームページ:公益社団法人 日本整形外科学会のホームページより

肩こりの解決のヒント

まずは、生活習慣と姿勢に注意してください。
スマホを長時間されると目が疲れ、肩や首も凝り、痛くなってしまいます。
また夜にやりすぎると睡眠の邪魔をすることにもなる可能性があります。

またストレスからも影響を受けます。
そして感情も関係します。
イライラする時は、怒りの感情が多くなり、肝臓が疲れ、右肩が痛くなることが多いです。
また不安や悲しみなどがあると胃が疲れ、左肩が痛くなることもあります。

当院の施術と経過

当院の施術としては、まず骨盤部分を調整していきます。そして肋骨などの背中、肩周辺を調整し首を調整させていただきました。そして背中全体を揺らして調整していきます。

その方の持っておられる自然治癒力が最大限発揮できるように、血液やリンパの流れ、筋肉や関節のバランスの調整を痛くない整体で全身調整させていただきます。

最初は週2回来ていただき、3週間、このペースでさせていただきました。
その後、当院の検査結果が安定してきましたので、週1回になりました。
次に2週に1回になり、現在は月1回のペースでお越しくださっております。

膝・左肩首・足の裏の痛みの方からの感想

どのようなお悩みでしたか?

膝の痛み、首・肩の痛み、足の裏の痛みなど。

何がきっかけで当院を知りましたか?

孫の通院で知り、娘に勧められて。

すぐに予約されましたか?

娘にすぐ連れて行ってもらいました。

何が決め手となって施術を受けていただけましたか?

孫の症状が、とても改善されていた事が決め手となりました。

実際に受けてみて、どうでしたか?

今までの整骨院との違いにびっくりしました。
姿勢の悪さが色んな所の痛みを引き起こしている事も知りました。
1回目の施術で痛みが和らぎ、今では歩く時の不安は有りません。感謝しています。

E.Kさん

院長よりひとこと

E.Kさんへ

素敵なご感想をありがとうございました。
最初は、かなりお辛い状態で左肩の筋肉も、盛り上がっていて、痛みも強かったように感じます。
お膝に関しても、歩くときのお辛い状態だったと記憶しております。
歩くときの不安もなくなり、肩や背中の動きも、以前より、かなり良くなられまして、本当に私も嬉しいです。
今後も、全力でサポートさせていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

心と体と頭をつなげることで、今のお辛いあなたの心身共の不調を解決することができるのです。どうぞお悩みの方は遠慮なくご相談ください。

友だち追加

こちらからご登録、ご相談、ご予約、宜しくお願いいたします。

当院で肩こり、肩の痛みでお悩みの方

まとめ

  • 姿勢に注意する
  • ストレスを溜め込まず、うまく発散する
  • 肩こりの原因と対策を把握する
  • 病院を一度、受診して病気ではないか確認する

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

うつ病ダイエットパニック障害パーソナリティ障害不安障害健康情報全身調整整体冷え当院の施術メニュー心臓がバクバクする息苦しい生理痛産後骨盤矯正症状別発達凸凹眠れない社会不安障害自律神経失調症自律神経整体首・肩・肘・手・指の不調
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました