▶▶当院のコロナ対策

天気が原因?気象病になりやすい人必見!頭が重い、だるい、眠い「気象病」の解決法

雨の日の前になると肩が凝ったり、頭痛がしたり、めまいがしたり、なんとなく身体がだるくなったりすることがあります。

私の不調って天気予報より当たるかもしれません。(笑)

雨の日や雨の前日の体調不良をなんとかしたいです。

どうしたら良いでしょうか?

このようなお悩みを解決します。

天気の影響で、なんとなく体調が悪い方が、たくさんいらっしゃいます。
また梅雨などの時期は体調不良の方が増えます。

雨の時は気圧が下がり自律神経が乱れている可能性があります。
ですのでこんな時ほど整体で早めに体調を整えて元気に過ごされることをオススメいたします。

お悩みの方は、どうぞご覧になってください。

この記事を読んで欲しい方
  • 雨の時に頭痛や体がだるく何とかしたい方
  • 台風の時に体調が悪くなり困っている方
  • 気温の差が強い時に体調不良になりやすい方
この記事を読んで得られる効果

気象病に強くなり日常生活がラクに過ごせるヒントとなる

天気の影響で身体に不調が出る方の解決のヒント

気象病が起こる3つの原因
  1. 雨や台風などで気圧が凄く低くなる(台風などの気圧低下)
  2. 遠く離れたところの気圧の変化、微妙に小さい変化でも反応してしまう(微気圧変動)
  3. 一日の中でも気圧の差がとてもある時に反応してしまう(大気潮汐)

それぞれを詳しく見ていきます。対策も考えていきますので、ご覧ください。

雨の日の前日に頭痛が起こる

先日起こしくださった方のお話です。

私の頭痛、天気予報よりも当たるんです。(笑)
雨の日の前日は頭痛が必ず起こるんです。

そうですか、それは大変ですね。
最近は天気による体調の変化があるといわれていて「気象病」と呼ばれているんですよ。

一緒に解決策を探っていきましょう。

気象病とは

参考:ロート製薬の「天気痛調査」より

気圧の変化に対して、身体が反応することがあると言われています。
特に耳が関係すると言われていて、前庭神経という神経が影響しているようです。

前庭神経が刺激されると、すぐ近くの三叉神経が刺激され神経伝達物質が放出されます。
すると脳の血管が拡張します。そうすると炎症物質が放出されます。すると頭痛につながります。

前庭神経核ニューロンが気圧の変化に反応しているとすると「C-Fos」というものが画面に黒く染まってみえるそうです。最近では画像で確認することができるようになったそうです。

気圧とは

気圧とは空気の重さです。
1気圧は標準気圧といわれていて1013ヘクトパスカル(hPa)となっています。

台風の時は、50hPa下がると言われています。
50hPa下がるという事は標高500mの山の高さくらいの影響があります。

内耳で気圧の変化を感じると、その情報が脳に伝わって、自律神経の交感神経が活性化され、痛みとして知らせてくれているのではないかと考えられています。

また目は動いていませんが、内耳では気圧を感じるとグルグル回っているように感じることで自律神経が乱れて、慢性痛の悪化(古傷が痛いなど)や肩コリ、倦怠感、めまいが起こるとされています。

つまり解決策としては自律神経が関係するのです。自律神経が安定すると、このような症状は少しづつ和らいてくれる可能性があるのです。

自律神経的に考えると交感神経が活性化されますと、血管が収縮します。
すると血流が悪くなり酸素が行き渡りにくくなるので「酸欠」を起こします。

この酸欠が起こると神経が刺激され、痛みを感じるのです。

頭痛でいいますと緊張性頭痛が、これにあたります。

片頭痛の場合は、血管が拡張して起こります。
これは前庭神経が三叉神経に作用している可能性があるようです。すると炎症物質が出て痛みを感じる可能性があります。

また逆に自律神経が乱れて副交感神経が優位になりすぎると、眠気が起こってしまうこともあります。

当院では「めまい」でお悩みの前庭神経炎の方で、天気の悪い時は、いつもより不調になる方がいらっしゃいます。メカニズム的には同じとなりますので生活習慣に注意されてください。

ちょっと詳しく!前庭神経について

前庭神経は「橋(きょう)」という場所にあります。カタツムリみたいな形をしている蝸牛神経と関係があります。

前庭神経は平衡感覚に関係します。だから目の動きと「めまい」に関係しています。

姿勢の変化も感じる場所ですので自動的に姿勢を制御してくれる働きもあるのです。

天気と病気の関係

前述した気象病の3つの原因です。

気象病の原因
  • 大きな気圧の変化(台風など)
  • 微気圧変動
  • 大気潮汐ちょうせき

天気が悪化する前から体調不良になるのは、「微気圧変動」が原因だとされています。
微妙な気圧の変化が天気悪化の時に起こり、その小刻みな変化を前庭神経が感じて反応してしまっているからだと考えられています。だから天気の前には体調不良になるのです。

天気予報みたいですね。(笑)

また1日の中でも気圧はアップダウンを繰り返しております。一般的には昼間は高くなり夜は低くなります。この差が大きいと不調になることがあります。

大気潮汐ちょうせき」のズレも原因とされています。これは決まった時間に頭痛が起こるなどの不調がでます。

気温の変化が激しい時には、気圧の変化は2~4hPaの差がでてくるそうです。
大気潮汐ちょうせきとは太陽の放射や月の潮汐力ちょうせきりょくなどの影響で発生する周期的な大気の運動のことです。大陸規模で1日に2回周期で昇圧と降圧を繰り返しています。

気温や気圧の変化不調
気温が低い慢性の痛みや不調が出やすい
気温が高い痛みが不調は比較的和らぎやすい
湿度が高い熱中症やリウマチの痛みが出やすい
低気圧・雨・台風気温が下がり、湿度が上がり、気圧が下がるので体調不良になりやすい

    どうして気圧が下がったら不調になるの?

    気圧が下がるというには、空気、酸素の量が少なくなるということです。すると呼吸していても酸素の入ってくる量が減ってしまいます。酸素欠乏になると痛みが出てきやすいので、古傷が痛んだりしやすいのです。

    こんな時は身体と心は繋がっているので心の状態も低下して落ち込みやすくなります。イライラしたり不安になったりしやすいのです。

    対策としは深呼吸をたくさんして、酸素をたくさん取り込むことが必要です。部屋の中でも軽い運動をオススメします。

    また気圧の変化に対応して調節するのが自律神経です。この調節は体力が少なくなると調節力も低下してしまうので、体力がない方は、注意していただきたいのです。

    忙しすぎる方や疲れすぎている時、何か動いていないと気が済まない性格の方は、更に疲れすぎてしまうので、「睡眠を優先」するようにして、ゆっくり休んでください。

    こんな症状は天気が原因かも

    • 古傷が痛む、慢性痛が酷くなる
    • うつ病、不安、パニック症、自律神経失調症
    • 眠気、だるい、いつまでも眠い
    • 更年期症状(ほてり、落ち込み、イライラ、ホットフラッシュ)
    • 喘息、咳、アレルギー症状が酷い
    • 認知症、物忘れ、集中力がない
    • 頭痛、首、肩、腰の痛み
    • 耳の閉塞感がある、耳鳴りが酷い、めまいがする

    天気が悪いときの頭痛

    天気が悪くなると、頭痛が起こる!と言う方がたくさんいらしゃいます。
    天気予報よりも当たる方もいらっしゃる程です。

    実際には雨が降る前の方が痛い方が多いです。
    低気圧が近づくと気圧は少しづつ下がり、雨が降ります。
    気圧が下がると耳の中にあるセンサー(内耳)が、それを感知して、視床下部というところに通報して、交感神経が働きます。

    交感神経が働き始めると「ノルアドレナリン」という物質が血液中に放出されます。
    すると痛みを感じるようになります。
    ノルアドレナリンは血管を収縮したり、危険だと知らせて痛みを感じやすくしてくれます。
    すると副腎髄質にも、その指令がいき、アドレナリンが分泌されます。
    そうしますと、更に痛みを感じやすくなるのです。

    普通では、それほど痛みを感じませんが、昔の古傷があったり、炎症やストレスなどでいつも痛みを過敏に感じている人は、この交感神経に反応してしまい、痛みを感じてしまうのです。

    参考文献:「よくわかる痛み・鎮痛の基本としくみ」より

    天気の不調が起こりやすい人

    内耳が敏感な人が気象病になりやすい
    • 乗り物酔いをしやすい
    • 高い所に行くと耳が不調になる
    • 耳抜きが下手
    1. 天気予報をいつも見ていて、とても敏感になっている
    2. トンネルに入ったり新幹線に乗ると耳がおかしい
    3. 乗り物酔いをする
    4. 耳鳴りがしている
    5. 台風のことを考えるだけで不調になり不安になる
    6. そういえば気持ちが落ちこんでいる時は天気が悪い
    7. 季節の変わり目は調子が悪い
    8. 雨が降る時にめまいや眠気がある
    9. 雨が降る前に頭痛が起こる
    10. 肩がよく凝り、首が痛い

    *当院では目の動き、パルスオキシメーターなどの検査をさせていただくことがございます。

    梅雨時期の不調の原因と対策

    梅雨になりますと体調が不調になる方が多いです。6月ごろは湿度が高く、日照時間も少し短くなります。また急に寒くなったりすることもあります。

    こんな時に体調不良になる原因はこちらです。

    • 皮膚から出た汗が乾きにくい
    • 体温調節がうまくできていない
    • 無駄な水分が身体の中に溜まってむくみやすい
    • 身体の毒素が排出されにくい

    汗が乾きにくいと皮膚の表面は冷えてしまいます。
    多湿で蒸し暑いのに皮膚は冷えてしまうような感じになってしまうのです。

    体温調節は自律神経がやってくれているので、体温調節などで疲れ切ってしまい自律神経も乱れてしまうのです。また余計な水分も体内に溜まったり排出されないので肝臓や腎臓にも負担がかかってしまいます。あまり水分を摂りすぎるのも考えものなのです。

    梅雨時期の対策

    • 水分をこまめに摂る
    • エアコンで室内を快適にする(湿度をコントロール)
    • 軽く体を動かす

    天気の不調に対する対処法

    記録をつける

    日記のように記録をつけてみてください。
    そうすることで、生活習慣を自覚することができます。原因を把握できゆっくり休むことで楽になることがあります。ここでは休む予定を先に優先するということが対策となります。

    あまり天気予報などを見すぎるとかえって予期不安となり逆効果となることもあるので注意してください。

    自律神経には「○○になるかもしれない」と思うだけで予期不安が起こり、身体がそのように反応してしまう特徴があるのです。

    生活習慣を見直す

    • 睡眠の質を上げる
    • 気圧が変わるような乗り物(飛行機、新幹線)は避ける
    • スマホなどをやりすぎない(電磁波)
    • コーヒーなどのカフェインはやめる
    • アロマなどを利用する
    • 冷やさない(温める)
    • アルコールは避ける
    • 軽い運動をする

    整体で体調を整える

    当院の整体は副交感神経を優位にさせるような「痛くない施術」なのです。
    気持ち良くなり、眠たくなったりリラックスすることで、脳の血流を上げるようにしていきます。
    すると自律神経も穏やかになっていくのです。

    セルフケア

    • 耳たぶをクルクル引っ張って軽く回す
    • 後頭部や耳を蒸しタオルで温める
    • タオルを首に引っ掛けて1周15秒かけて軽く首を回す
    • ビタミンB群、鉄分、亜鉛、マグネシウムを摂る
    • 朝日を浴びてセロトニンを出させる
    • 睡眠の質を重視するため、ゆっくり入浴する

    雨の日に体調が悪くなる症例

    どのようなお悩みがありましたか

    自律神経の乱れから、身体に不調があらわれ、不眠、不安感、焦り、イライラ、精神面など、毎日しんどくて辛かったです。

    何がきっかけで当院を知ってくださいましたか

    インターネットで自律神経専門の整体院を探していて知りました。

    すぐにご予約してくださいましたか

    家から遠かったので、すごく悩みましたが、先生がとても優しそうだったので勇気を出して連絡しました。

    何が決め手で施術を受けてくださいましたか

    自律神経の事をよく知っている先生だったので。

    施術を受けていただいてどうでしたか

    先生が本当に優しくて、お話や相談もしやすく、施術を受けさせていただくと身体が楽になり、軽くなりました。

    O脚も治りました。

    M.Hさん 女性

    *感想は個人のものであり効果には個人差があります。

    院長より一言

    M.Hさん

    嬉しいご感想ありがとうございました。自律神経も乱れからくる色んな症状でお悩みだったのですが、日常生活がラクに過ごせるようになられて本当に良かったです。

    いつも素敵な笑顔でお話してくださいまして、私の方こそ癒されております。ありがとうございます。今後も全力で私のできる範囲でサポートさせていただきます。

    まとめ

    • 睡眠の質を上げる
    • 適度な運動をする
    • 水分をしっかり摂る
    • 室内を快適にする
    • 整体を受ける

    当院で”良くなる”3つの理由

    ①整体を受けていただけますと、血流が上がります

    脳の管理能力が正常になり自然治癒力が上がります。
    脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
    「正しい刺激」は、当院の施術で全身調整することで、脳へ届けられます。
    脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

    ②リラックスできます

    整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
    ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
    当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
    メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
    身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

    当院ではオステオパシーのストレイン・カウンターストレインという手技をさせていただいております。痛くないところで力を抜いていただいて90秒じっと待っているような優しい気持ちの良い手技ですので安心してください。

    ③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

    一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
    ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
    セルフケアがとても大切です。
    このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

    うつ病めまい不安障害健康情報全身調整整体冷え女性の悩み心臓がバクバクする息苦しい手の震え・しびれ更年期の不調生理痛症状別眠れない社会不安障害耳鳴り自律神経失調症自律神経整体頭痛
    スポンサーリンク

    *当院のサイトはアフィリエイトを含みます。

    はじめまして、おおくま整骨院、院長の
    大熊 達也と申します。

    この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

    私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

    完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

    • 柔道整復師
    • DRTマスターインストラクター
    • 自律心体療法会員
    • KOBA式体幹バランスBライセンス
    • JCCAキッズスペシャリスト
    • JCCAひめトレインストラクター
    • JCCAベーシックインストラクター
    • セロトニンDoJo
    • 初級心理カウンセラー
    • 動体療法 基礎応用終了
    • さとう式リンパケア上級
    • 日本推拿研究会中級

    シェアしてください
    大熊 達也をフォローする
    スポンサーリンク
    タイトルとURLをコピーしました