▶▶当院のコロナ対策

機能性ディスペプシアと自律神経の関係!原因不明の胃の不調でお悩みの20代女性の解決法

病院で検査をしてもお腹の不調の原因がわからなくて困っています。

なんとかならないでしょうか?

このようなお悩みを解決します。

原因はわからないけど胃の調子が悪いという方です。
胃の調子が悪くて、病院に行ったけど原因がわからない方でお困りの方は、どうぞご覧になってください。

とても怖くて不安になりますよね。
胃や腸を動かすのは自律神経なんです。
ですから胃や腸の検査で原因が不明の場合は、病気ではないのです。
自律神経の機能の方に注目していくといいかもしれません。

この記事を読んで欲しい方

胃の調子が悪く、なんとかしたいと悩んでいる方

胃の調子が悪く病院の検査では異常がない

この方は、いろいろ検査されましたが原因はわかりませんでした。
結局、自律神経の乱れから機能性ディスペプシアということになられました。

忙しすぎるあなたに起こる可能性がある

忙しすぎると自分の時間がなくてストレスも溜まる一方です。
そして、どんどん疲れがたまっていき体力が低下しますので回復力も低下します。
そうしますと脳の管理能力も低下し自律神経の働きも低下します。
当然、消化吸収に使うエネルギーも低下いたしますので不調が負債のように複利で増加していってしまうのです。
だから休息と身体の調整、自分のストレス発散が大切なのです。
最近とくに十二指腸が深く関係しているということがわかってきました。

当院でお悩みの20代の女性の症状は次のようなものがあります。

症状

  • 胃もたれ
  • 早く満腹になる
  • 胃の痛み
  • 胃の灼熱感

また、自律神経の乱れの原因には、ストレスと生活習慣が大きく関係しているます。
それをチェックしていきますね。

あなたの心とカラダの状態をチェック

今のあなたの状態をチェックして4つに分類します。そしてそれぞれの対策をご覧ください。

眠って朝起きたらスッキリして疲れが取れていますか?

はいの方は「」へ

いいえの方は「」へ

A.仕事そのもので疲れてしまう。人間関係のストレスで疲れている。

はいの方は ② 

いいえ ① 

B.休日の朝寝坊できるなら、いつもより2時間以上長く眠れる。

はい  へ

いいえ  へ

①頑張りすぎタイプ

仕事も育児も家事も全力です。
完璧主義の女性に多いです。
理想や目標も高いので、自分に対しても厳しく、家族や他人にも要求がきつくなってしまします。強迫性障害などにも多いタイプです。

電気を使いすぎてブレーカーが上がっている状態です。

頑張りすぎタイプの対策

やらないことを決めてください。優先順位を決めてください。
まずは休みの予定から先に入れてください。
焦ったと感じたら深呼吸してください。
緊急性の低いことはできるものは先延ばしにして時間に追われないようにしてください。
一人で全部しようとせずに家事を分担してみてください。

②対人ストレスタイプ

ついつい気をつかってしまいます。
日々の暮らしの中でNOといえないことが多いです。
家族にも気をつかい義母などにも気をつかうため、とても疲れます。
人間関係の悩みが多いです。
愛想はいいので自己主張があまりない、おとなしいタイプとみられることもあります。

対人ストレスタイプの対策

昼休みにちょっと外出してみてください。
気分転換になります。
一人の時間を持つことが大切です。
平日に休みを取り、歯医者さんや美容院に行ってみるのもいいですよ。
メールや電話の通知をオフにしてみてください。
仲の良い友達と愚痴をいったりしてランチをしてストレス発散するのもいいですよ。

③体力不足タイプ

1日座りっぱなしで運動が不足しています。
筋力や呼吸などの基礎知力が低下しているかもしれません。
血流も悪くなり、疲れから回復しにくい体力が低下しているタイプです。

体力不足タイプの対策

電車ではずっと立っておくようにしてください。
できるだけ階段を使うようにして体力をつけてください。
座っている時は正しい姿勢を心がけてください。
少しの距離なら歩くようにしてください。

④睡眠不足タイプ

仕事や家事、趣味に時間を取られて睡眠を削ってしまう癖があるかもしれません。
働き盛りのキャリアウーマンに多いかもしれません。
夜遅くに食事をすると眠りが浅くなり、睡眠の質も低下してしまいます。

睡眠不足タイプの対策

昼寝をしてください。
食事は寝る3時間前には済ませてください。
ぬるめのお風呂で身体をあたためてください。
朝日を浴びてセロトニンを出し体内時計をリセットしてください。

ピロリ菌もある20代女性の胃の不調の方の解決法

ピロリ菌があったので胃の調子が悪いのも事実です。
ですがストレスがあるのも大いに関係しております。
20代女性の胃もたれ、胃痛、腹痛が主訴です。
ストレスは仕事のストレスです。
やりたい仕事につけていないことがお悩みでした。
環境はなかなかすぐに変えることはできないと思いますが体や考え方は変えれることもございます。

ストレスを減らすように食べ物、食べ方、飲み物などもアドバイスいたしました。
そして、とにかく冷やさない様に注意してもらい、姿勢とスマホなどの電磁波を注意してもらいました。

睡眠の質を上げていき、それから、整体で身体を整えていきました。

胃の不調の解決法
  • 4つのストレスを減らす
  • ストレスに対抗するため、情緒的サポート、体力、対処能力、自己肯定感を上げていく
  • 睡眠の質をあげる
  • 食べ物に注意する。特に糖質と脂質に注意してタンパク質を多く摂取する
  • 食べ方、噛む回数に気をつける。タンパク質から食べるようにする
  • 軽い運動をする
  • 整体で体のケアをする
  • 空腹時に薬を飲むのは注意する
  • 胃に優しい食事にする、腹八分目でゆっくりよく噛んで食べる
  • 夜はしっかり寝て昼間に活動することを意識する

これにより3か月かかりましたが、今では、あの毎日続く胃の不調も楽になられ、笑顔になっていただけました。

1カ月に一度くらいは不調な日もございますが、かなり楽になられ少し散歩や写真を撮りにでかけたりできるようになられました。

すべての方が同じような経過をたどるということではございません。
みなさんそれぞれ原因も環境も違います。
ですのでその方に合った方法で、その方がよくなって楽しく暮らせますように、お手伝いさせていただきます。

胃の不調のセルフチェック

  • むかむかする
  • もたれる
  • 胸やけがする
  • ゲップや酸っぱい液が逆流する
  • 痛い、食後に腹痛がある
  • 慢性的に不快感がある
  • 胃潰瘍を繰り返す

このようなことが長期的に継続して起こっている場合は、内科を受診してください。

当院での施術

当院では専門的に胃だけを施術するということではありません。
全身をユニットとして捉え機能を回復していただくように施術してまいります。
そのためには骨格、筋肉、靭帯や血液やリンパ液や脳脊髄液などの循環、内臓など、すべてのバランスを調整していくことを目的とし自然治癒力が働くように施術してまいります。

胃は特に自律神経の支配で迷走神経という神経です。
その迷走神経が正常に働いてくれるように調整していきます。

胃の不調の症例

まとめ

  • 胃の神経は迷走神経であり、リラックスすることが大切
  • ストレスを減らすことが大切
  • ストレスに対抗する情緒的サポート、対処能力、体力、自己肯定感を上げる

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

うつ病お腹が痛い(過敏性腸症候群)めまいパーソナリティ障害不安障害冷え女性の悩み心臓がバクバクする息苦しい患者様の喜びの声生理痛産後骨盤矯正眠れない胃の不調自律神経失調症自律神経整体首・肩・肘・手・指の不調
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました