▶▶当院のコロナ対策

不安に思っている時の脳はどうなっているのか!不安を解決するための自己肯定感の上げ方

いつも不安に思い、生活に支障が出ています。

何に不安かというと漠然としています。

何とかならないでしょうか?

このようなお悩みを解決します。

不安に思っている時の脳の状態ってどうなっているのか!についてでございます。
自己肯定感が低い人は、とても関係しますので、予期不安にお悩みの方やパニック発作を起こす方、一度よくなってもまた再発を繰り返してしまう方は、どうぞご覧になってください。

この記事を読んで欲しい方

不安でいつも悩んでいる方

不安には2つの種類がある

不安には、正常な不安というのがあります。
例えば、山を歩いていて「マムシ」を見つけたとします。
マムシに噛まれてはいけないので、その場から逃げ去るか、完全防備をして捕まえる方もいるかもしれません。これは「噛まれて毒にやられたら危ない」という危険を察知している状態です。これは正常な不安です。

ですが「マムシ」とは知らずに近寄って、触ろうとしてしまったら、どうなるでしょうか?
マムシを知らない子供さんが、知らずに触ってしまったらどうでしょうか?
噛まれて毒にやられてしまうかもしれません。危険を察知せず不安にならないということは命の危険があるということです。

ですので不安というのは悪いものではなく、自分の身を守るためには必要なものなのです。

しかし、異常な不安というのもあるのです。
異常な不安とは、過度な不安です。

明日の天気予報で午後から小雨と言う予報だとしたら「折りたたみ傘1本」持っていけばいいですよね。それを人が忘れてはいけないから、もう1本、途中で傘が壊れたらいけないから、もう1本と10本傘を持っていったらどうですか?
これは過剰ですよね。このような過剰な不安は疲れすぎてしまうのです。

強迫性障害の方でしたら、汚いものを見てしまうと、距離があっても自分に付着してしまったんじゃないかと考えてしまうことがあります。
これは過度な不安といえます。

このような不安を解決するには「別のことを考える」というのがオススメです。
特に自分の体の感覚を感じることが大切です。
不安は感情です。感情に対して思考で、ワクワクすることを考えるのもいいですし、体の感覚を使うのもいいのです。

ここでは不安(感情)が過度になっているので、頭(思考)と体(感覚)を使って繋げていき、バランスをとっていくということになります。

具体的に体を使うとは

体の感覚を使うとは、自分で体をさするというのもオススメです。
また意識して体を感じるというのはグラウンディングがオススメです。

体を動かすことが最善

不安を減らすのに私が一番おすすめしているのが、「運動」です。
運動することで自律神経が調節してくれている血圧、血糖値、呼吸、体温などが活性化してくれます。
これは自律神経にとっては「刺激」となります。この刺激があることで自律神経が働きやすくなってくれるのです。
体を動かすと筋肉が動きますので、ポンプ作用が働き、血流があがります。血液には酸素が含まれますので、全身に酸素が行き渡ってくれるのです。当然、脳にも酸素が行き渡ってくれるのです。すると神経伝達もスムーズになり、管理能力が上がって正常に近い状態になってくれるのです。
ただストレスが強く継続的にかかることで、交感神経が優位に働き続け、疲弊してしまっている状態だと運動をすると疲れ切ってしまうこともあるので、要注意です。そんな時は休むことを優先させてください。
趣味がやりたくなくなったり、動きたくなくなったり、考えたくなくなったり、やる気がしなくなっている時は、疲弊している可能性が高いので注意してください。

もしも体を動かす場合は、同じリズムで軽い運動がオススメです。

  • フラダンス
  • 盆踊り
  • ウォーキング

などがオススメです。これらの運動は自律神経を安定させる「セロトニン」の分泌を促進してくれるのです。どうぞ試してみてください。

今の自分に影響する子供の頃の経験

今の自分は子供の頃の経験が積み重なってできているというのは理解できると思います。
発達の段階で、親から言われたことなどが、自己肯定感などに、とても影響して、今のあなたを苦しめていることがあるのです。

親から言われたこと、行動などで18個のスキーマ(思い込み)というのがありますので、まずは知ることから初めてください。

スキーマ(思い込み)
見捨てられる
拒絶される、いじめられる
愛情、共感、保護を与えてもらえない
生まれつき欠陥のある人間だ
仲間はずれで孤独だ
自分の力では何もできない
病気、ダメージ、事故に対して無力だ
常に従い、期待に応えなければならない
常に失敗する
何でも欲しいままになる
自制、忍耐、責任を負うことが無理だ
服従しなければならない
犠牲にならなければならない
常に評価や承認を求めなければならない
常に悲観的な予測どおりになる
感情を持ったり、表現してはならない
常に完璧でなければならない
罰を受ける

このような思い込みや刷り込みは、今のあなたの生活にとって、とても生活しにくい問題となっていることが多いです。
その事に気づくことが解決するヒントとなります。

不安の時に左右の脳で違うこと

左脳は不安の時に血流が悪くなるそうです。左の脳は、主に情報の分析や統合、言葉などをしてくれています。右の脳は、非言語、リズムや空間認知、感情、口調、音、姿勢などをしてくれています。不安の時は、左が働きにくくなる可能性があります。そして、右が働きやすくなります。

だから不安が強くなったり、感情のコントロールがうまくいかなくなったりすると考えられています。

ストレスがあると身体はどうなるのか

ストレスがあるとアドレナリンが出ます。アドレナリンは身体の反応としては力が入らなかったり、震えたりすることがあります。

交感神経が上がり、心臓がバクバクしたり、呼吸が苦しくなったり、血圧が上がったり、血糖値が上がったりしてしまいます。

一時的には、いいのですが、ストレスがずっと続くことが問題なんです。

ストレスに対抗して、コルチゾールというホルモンが出てくれるのですが、いつか無くなってしまうのです。

ストレスは、副腎皮質を刺激するホルモンを出させます。脳からはアドレナリンをいっぱい出させます。すると偏桃体では息苦しさ、過呼吸などを引き起こしてしまいます。

不安をなくしていくためには副交感神経を働かせていくことが大切です。

また甲状腺の機能が低下していると「うつ」のような症状が出る場合もあります。そして血糖値が低下すると不安になりやすいのです。女性ホルモンのエストロゲンが減ってくると不安になりやすいということもあります。

パニックが起こる回路

パニックに対する恐怖(過去の出来事、パニックになった時のことを思い出す)

感覚へのものすごい警戒心

感覚の過敏、増強

パニック発作

パニックの恐怖を思い出す・・・(繰り返す)

パニックとよく似た病気ではないかを調べる

不安症状よく似た病気
息切れ心臓の病気・呼吸器系の病気(肺など)・喘息・肺閉塞など
めまい・失神貧血・良性の目眩・血圧の異常
動悸頻脈・心臓の病気・甲状腺の病気・低血糖・更年期など
発汗・赤面・しびれ・痛み・離人ホルモンのアンバランス・てんかん・過呼吸・循環器気の病気・呼吸器系の病気
胸が痛い心臓の病気
吐き気いろんな可能性がある

体からのアプローチ

食事

カフェイン・アルコールをやめてください。オメガ3の油(亜麻仁油)がおすすめです。

参考文献:「不安な脳」より

不安の種類

不安障害

パニック発作を繰り返す。女性が男性の2倍。動悸、汗をかく、口が乾く、頻尿、過呼吸などがあります。

広場恐怖

慣れた場所を離れて孤立することを怖く感じます。広場とは広い空間ではなく、屋外や公共の場という意味です。

乗り物恐怖、外出恐怖、街路恐怖、閉所恐怖なども含まれます。20~30代の女性に多いです。

社交恐怖

人と会うと過剰に緊張します。対人恐怖ともいいます。赤面恐怖、表情恐怖などがあり、本人は性格的なものと思っていることが多く、引きこもりになることがあります。

特定恐怖

対象が限定されています。特定の動物が怖い、暗闇が怖い、高所恐怖などがあります。

疾病恐怖

病気がうつってしまうかもしれないということが、恐怖です。感染症、不潔恐怖、強迫行為をしやすいです。

参考文献:「よくわかる!脳とこころの図解百科」より

解離と抑圧

本人では、なかなか気づけないことで苦しんでいる方が多いです。
自己肯定感を下げてしまうトラウマ記憶は、解離や抑圧という心理的なブロックで感じにくくしているからです。
自分を守るための防御反応なのです。
このような時は「今ここ」を感じる訓練が大切になってきます。

解離抑圧
心の外傷によるストレス反応の結果として出現

・周囲が夢の様な感じ
・自分から遊離した感じ
・苦痛な出来事が想いだせない
・複数の自分がいるように感じる
自己保存を目的とする自我を脅かす苦痛な記憶を意識下に封じ込め想いださないようにする状態

・思考や感情や感覚を麻痺させ行動を回避させる(失感情症、失体感症)

不安の反対が安心

この不安を解決するには「安心」が必要です。まず、今からすぐできるのが、自己肯定感を上げていくことです。まずは、自分の好きなところを1分で10個紙に書いてください。これがスラスラ書けるようになるまでしっかり練習してください。

不安で苦しむ方

まとめ

  • 自己肯定感を上げるには育った環境も大切
  • 自分で抑圧していた感情にアクセスすることが解決に繋がることもある
  • 不安の反対は安心、安心を積み重ねると自信になる

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

心臓がバクバクする
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました