▶▶当院のコロナ対策

PTSDになりやすい人の特徴とその解決のヒント

あることがキッカケで心に大きな傷が残ることがあります。
それは体にも反応してしまうものなのです。
いつまでも体の不調が良くならない場合は、精神的ストレスが原因の一つとしてあるかもしれません。
体を調整しても良くならない方、病院で薬をもらって飲んでいても変わらない方、心の傷が深すぎて立ち直れない方、どうぞお読みになってください。

この記事を読んで欲しい方
  • 過去のトラウマや強いストレスで精神的に不調な方
  • PTSDでお悩みの方

心に傷を負って生活がしにくくなった方の解決法

PTSDについて考えます。

精神的ストレスを抱えていると体の不調が、なかなか良くなりません。
精神的ストレスが筋肉に反応して、硬くしてしまい、血流を悪化させます。
脳の血流が悪化しますと、神経伝達もうまくいきません。
また痛みを抑制してくれる脳内物質も少なくなることもあります。
すると不調はなかなかよくならないことが多いのです。

いつまでも慢性の不調でお悩みの方、ある事を思い出すだけでパニック発作を起こす方、心的外傷ストレスが強いかもしれません。
同じようなお悩みの方は、どうぞ、ご覧になってください。

心的外傷ストレスとは

不安障害の一種です。
とっても強いストレスを受けた後に、いつまでも引きずって考えてしまいます。
私の場合ですと阪神淡路大震災などです。

命の危険を感じるような出来事を経験すると人は大きなストレスを感じます。
戦争に行った、私の祖父もそうでした。
あまりそのことを話したがりませんでした。

その強烈なストレスのシーンを鮮明に想いだしてしまうと、激しい恐怖感や無気力感を抱くことになります。

自律神経の特徴として「現実と妄想の区別がつかない」「否定形が通じない」「主人公がわからない」「過去や現在、未来の区別がつかない」といいものがあります。
だから過去のことでも、今起こっているように反応してしまうのです。
息苦しく感じたり、心臓がバクバクしたり、汗をかいたりするのです。
それがひどくなるとPTSDとなるのです。

感情を感じなくするための防御反応

あまりにも強烈なことは、誰でも想いだしたくありませんよね。
そうなると自分の意識からは無視したいのです。
それを想いだしたくないがために、感じなくしようとしてしまうのです。
ストレスが強すぎて、それが継続しているとすると、ドンドン感じなくしようとします。
体の反応としては、感覚の麻痺や鈍磨、感情では無感情になってしまうのです。
こうなっていくと感情をあまり表に出さなくなるので、笑わなくなったり無表情に近くなってしまうのです。

漫画で「ワンパンマン」というのがあります。

出典:「ONEPUNCH-MAN]より

怪人たちをやっつけるため、頭がはげるほど特訓した主人公の「サイタマ」がヒーローになり、怪人をやっつけていくというものです。
あまりにも強くなりすぎたのを引き換えに感情を失くしてしまうようになってしまいます。
まさに、これが感情を感じなくするための防御反応の一つだといえるのです。

PTSDのメカニズム

衝撃的な出来事がある

その瞬間の客観的な情報を思い出す

天気、場所、人、服装、時間など

主観的な情報を思い出す

感覚はどうだったか、イメージはどんなイメージか、体の痛みや苦痛はどうだったか

PTSDになりやすい人

どうしたらいいかわからないことを不安に思いやすい人。

トラウマとして、いろんな場面で客観的、主観的な情報を一緒に刷り込んでしまうタイプです。
自我での葛藤が起こります。

「痛い」「助けて」「怖い」「戦え」「逃げろ」などの行動がわからないのです。

どうしていいかわからない!

またネガティブな感情と結びつけてしまいやすい性格です。
そうなるとPTSDを発症して、心ではフラッシュバックするのです。
それが体に反応してしまいます。

PTSDになりにくい人

何が起きたか冷静に判断できるし理解できます。
どうすれはいいかもわかっています。

客観的な情報をもとに行動し決断できます。
思考の回転が速いのでPTSDには発展しないことが多いです。

PTSDを解決するヒント

ディソシエイトする訓練

当院ではディソシエイトする訓練のワークをさせていただきます。
これは訓練すれば誰でも、できます。
思考の癖を書き換えるだけだからです。

物事に対して、第三者的にみて、冷静に客観的に考える癖をつけていくのです。
イメージトレーニングをしていきます。
絵にかいてもらったりすることもあります。

これだけでも心のストレスが少し軽減することもあります。

自己肯定感を上げる訓練

自分に少しづつ自信をつけていきます。
自己肯定感をあげていきます。
これも訓練でどんどん変わっていきます。

またよかったら一緒にワークをやっていきましょう。
全力でサポートいたします。

最後までご覧いただきまして本当にありがとうございました。心より感謝いたします。

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

パーソナリティ障害不安障害健康情報眠れない社会不安障害自律神経失調症
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました