▶▶当院のコロナ対策

パニック障害・不安神経症・強迫性障害を痛くない東大阪市の整体で根本原因から解決

パニック障害・予期不安・不安神経症・強迫性障害でお困りの方へ、当院では原因を把握し、しっかりと対応させていただき、改善をめざします。また予防のための生活習慣で注意していただきたいことなどをお伝えしますので、一緒に解決へ向けて頑張りましょう。

このページを読んで欲しい方
  • 予期不安があり、パニック発作を起こす方
  • 原因がわからず不安になり、動悸や息苦しさを感じる方
  • 何とかパニック発作を解決したい方

パニック障害・不安神経症・強迫性障害でお悩みの方へ

不安などでパニック発作を起こしてしまう方が当院にはたくさん来てくださいます。
全ての方が同じ経過、効果があるということではございませんが、病院ではお薬だけで、あまり変化が感じられない方は、一度、体から調整することを試してみませんか?

当院へお越しくださって良くなられた方は「もっと早く来れば良かった」と喜んでいただいております。
最近では新型コロナ感染症の影響もあり「またしんどくなったらどうしよう?」などという予期不安で毎日がお辛くなり学校を休んだり、仕事を休んだりしないといけなくなってしまっている方が増えております。

対策としては、心と体をつなげて、自己肯定感を上げ、自信を持たれることで感情のコントロールができるようになられる方が多いです。低いハードルを越えて成功体験を増やすことを一緒にワークなどをしながらさせていただき喜んでいただいております。

当院の最大の特徴は、身体だけではなく、心のケアも同時にさせていただけることです。
不安には対処法があります。やり方を知っているだけでも安心に繋がります。
しっかりとした心理学をベースとした対応ができますので、どうぞご相談ください。

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 突然、原因不明の動悸がして呼吸が浅くなる
  • 突然、脈が速くなって死ぬんじゃないかと思う
  • 突然、理由がわからず汗が出て困る
  • 手足の先が冷えたり、痺れたり、震えることがある
  • 胸がつかえて息苦しい、息切れがして、喉の違和感がある
  • また発作が起こるかもしれないと不安になる
  • 薬を飲んでも効果があまり感じられない
  • 電車に乗ると発作が起きたことがあり、また起きるかもしれないと不安になる
  • 不安で眠れないことが多い
  • めまいや頭痛が多く将来の不安に悩んでいる
  • 不安になり集中力がなくなり、食欲もない
  • 人の顔色を伺い自分が嫌になる
  • 雨が降ると発作が起きるんじゃないかと不安になる
  • 人がたくさんの所は苦手
  • 人とコミュニケーションを取るのが苦手でママ友にも緊張してしまう
  • 明日、幼稚園の送り迎えができるかと思うと緊張して息苦しくなる
  • 急に汗が止まらなくなって頭が爆発しそうになり、足元に力が入らずフワフワする

ひとつでも当てはまれば、当院へご相談ください。
当院は身体だけではなく、専門的に心理学を学んでおりますので安心してください。
オンラインzoomでカウンセリング可能な場合がありますので遠方でも一度、ご相談ください。

不安・パニック・強迫性障害の原因について

不安というのは脳で感じます。まだまだ全部解明されているということではありませんが、いろんなことがわかってきております。

まず、恐怖や不安を感じると「ノルアドレナリン」が出ます。
すると神経が興奮します。それがずっと続きますと興奮しっぱなしになるんです。
それがパニックや不安を引き起こしてしまうのです。
その調節をしてくれるのが「セロトニン」です。
「セロトニン」を増やすことで、興奮と抑制のバランスをとってくれるようになるのです。

精神的なバランスをとってくれるのがセロトニン

だからセロトニンを増やすようにすれば改善することが多いです。
セロトニンを増やす方法がこちらにございますので参考にしてください。

パニック障害

不安になると、考えていることや悩んでいることを脳や自律神経は、今この瞬間に起こっているかのように反応してしまいます。

過去の地震や怖かった経験を思い出すと息苦しいなどのパニック発作の症状が出てしまいます。
また未来の予期不安を感じても同じように身体が反応してしまいます。
別の事を考えたり、感じたり、身体を使うことで対処できることが多いです。

強迫性障害(何度も確認、手を洗いすぎるなど)

不安からくる代償行為として手を洗いすぎてしまう、または鍵の確認を何度もしてしまうなどの強迫行為でお悩みの方もいらっしゃいます。
本質は脳の誤作動、何かのストレスに対する代償行為の場合が多いので、その問題を解決することが大切となってきます。

心臓バクバク・息切れ・息苦しい・動悸・不整脈

わけもなく心臓がバクバク速くうったり、1秒くらい心臓が止まったような感じに思えることは、ありませんか?
通常、それは不整脈といわれます。
でも病院では異常がない場合は、ストレスが原因のこともあるのです。

ストレスが強いと自律神経が乱れて交感神経が優位になります。そうなってしまうと心臓を動かさないといけないと自律神経が勝手に反応してしまいます。

不整脈は、特に激しい運動なでしていないのに急に心臓がバクバクしたりするのはこの為です。
これは「欠帯(けったい)」と呼ばれます。
脈が飛ぶ!なんて言われることもあります。
そして次の瞬間、バクバクバクバクみたいな心臓が破裂しそうな感じになるんです。

しかし、循環器内科にいっても異常が見当たらないことが多いのです。
そして、気になって、気になって、死んでしまうかもしれないと不安や恐怖がまとわりつくようになってしまうこともあります。こんな時は焦るような感じになることがあります。

このような時は整体で全身の調整をさせていただくと呼吸や血流が良くなって楽に過ごせるようになる方が多いです。

そして注意していただきたいのが、疲れすぎないようにして欲しいのです。
長湯、激しい運動、サウナなどをしないでください。
また心臓がバクバクする時は、急に横にならないでください。一気に血が心臓に戻ってしまいますので、心臓に負担がかかります。
このような時には少し上半身を起こしておいてください。
ただ不整脈に関しては、一度、病院で診察を受けてください。

パニック障害・不安神経症・強迫性障害の方への検査・施術

まずは、体力をつけていきます。

そのために背骨をゆらしながら全身を調整したり、急な不安に対する「自己コントロール」の方法をお伝えして訓練したりしていきます。

認知行動療法やお薬などで、なかなか改善されない方は、お体からのアプローチと感情へのアプローチをさせていただき、自己コントロール能力を上げていくことで、よくなっていかれる方がたくさんいらっしゃいます。

不安とは知らないことでもあります。(知らないから不安になります)

「なんで、私は理由もなく、動悸したり、息苦しんやろ?もう一生治らないのかな?」と不安になってしまう方が多いのです。だからキチンと知識を持つことが重要なのです。

脳や自律神経の特徴を知ることで、「なんだそういうことか!」と不安が少しづつ和らいでいく方が多いです。

一緒にその知識もつけていきましょう。私が丁寧にわかりやすくお伝えいたします。

当院で「パニック障害」「不安神経症」「強迫性障害」でお悩みの方が笑顔に!

パニック障害でカラダのすべてが辛かった方が解決

お辛かったのはどんなことですか?

不安、パニック、肩コリ、体のゆがみ、体のすべてが辛かったです、息苦しさ、あせり

実際に来院されていかがでしたか?

症状がよくなったと想います。体に、肩に力が入っていたのが、すごく楽になりました。

この病気のことも先生がわかりやすく、体と脳の関係などを説明してくれて改めて、脳だけの問題ではないと気づけました。

その他

今は先生の施術と薬で治していくことを一番に考えています。先生を信じ、施術を信じ、自分を信じて、この病気を完治させたいです。先生のお話、施術をしていただいていると心が安心します。本当にありがとうございます。これからも宜しくお願いいたします。

3年前からパニック障害、胃の調子が悪い方が解決

どんな症状、お悩みで来院されましたか?

3年前からパニック障害で薬などで落ち着いた時期もあったが完全には治る事はなく、特に最近は好不調の繰り返しでかなり苦しい日々でした。食事も満足にできないので色々な不調がありました。

今回の症状で辛かったことはどんなことですか?

朝起きてから夕方までが胸の不快感や腹部の不快感がつらく仕事をしていても集中できない。また不安感が日々大きくなったり小さくなったりの連続で先行きが不安でどうしようもなかった。

実際に来院されていかがでしたか?

最後の望みをかけ熊さんに連絡して「大丈夫、よくなるように頑張ろう」と言われたことで安心できた。施術をしてもらいとにかく信じようとしたら1週間ほどでかなり楽になった。

それからの日々は多少の波はあるけれど以前のように気分が悪くなったり不安で仕事に集中できないということもなく、日々良くなっていると実感できています。

その他

本当に行って良かったです。このままどうなるかと思っていたけど今は楽しい日々頑張っています。まだ完全に治ったわけではないけど、しっかりと施術を受け、元気な身体を取り戻し普通の生活が間違いなくできると信じています。

不安などに対して自分でできる簡単な対策・予防

首や背中に蒸しタオルを当ててみてください。
リラックスできますよ。
その詳しいやり方はこちらをご覧ください。

まとめ

  • ストレスを減らし体力を増やす
  • 自己肯定感を上げる訓練をする
  • 脳科学と心理学的なアプローチで自分の感情をコントロール
  • 予期不安への対処の仕方を覚えることで解決できる

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になり自然治癒力が上がります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
「正しい刺激」は、当院の施術で全身調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

うつ病のどの違和感めまいパニック障害不安障害強迫性障害心臓がバクバクする息苦しい発達凸凹社会不安障害胃の不調自律神経失調症自律神経整体頭痛
スポンサーリンク

*当院のサイトはアフィリエイトを含みます。

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました