▶▶当院のコロナ対策

ホットフラッシュ、のぼせなどの更年期障害でお悩みの東大阪市40代女性の解決のヒント

最近、体がだるくて、めまいもあり、火照る感じです。

40代になって更年期の症状がでてきているのかな?

放置プレイでいいのでしょうか?心配です。

このようなお悩みを解決します。

更年期障害でお悩みの方です。
更年期は女性ホルモンと大きく関係します。エストロゲンというホルモンが減少してきます。
頭痛、めまい、ホットフラッシュ、イライラなど更年期障害の症状でお悩みの方は、どうぞご覧になってください。

この記事を読んで欲しい方

更年期障害でお悩みの方

更年期以降の女性について

女性は出産ができるということがありますので、男性に比べて病気に対する抵抗力が高くなっていると考えられるそうです。その強さの源が女性ホルモンだと言われています。

しかし、この女性ホルモンが減ってきてしまう時期があります。それが更年期と呼ばれる時期なのです。女性ホルモンは卵巣で作られます。だんだん卵巣も萎縮してきます。
そうすると、人間の体はうまくできているのですが更年期をすぎていくと減ってきた女性ホルモンの代わりに副腎皮質で作られた男性ホルモンが女性ホルモンに変わるようになっています。

その作業は脂肪組織でされます。だから脂肪組織があんまりないと男性ホルモンが女性ホルモンに変われません。

ダイエットが身体にあまりよくないとは、いわれていますが、中年の女性は特にあまり痩せすぎない方がいいのです。(もちろ適性体重というのは大切ですよ)

若い女性でも皮下脂肪が少ないほど女性ホルモンの分泌が減ってくると言われています。

体脂肪率が20%を下回ると影響があるそうですよ。
女性は20~25%くらいが本来の女性の姿だそうです。
女性ホルモンが少ないと子宮の内膜が準備できずに着床しても育ちにくいともいわれています。

あまり痩せすぎにも注意していただきたいと思います。

女性ホルモンを正常に分泌させるためには適度な皮下脂肪、ビタミンEとCが重要です。
とくにビタミンEが不足しますと卵胞ホルモンが黄体ホルモンに変わりません。
またビタミンAの働きも妊娠に深く関係しているといわれています。
子宮内膜症などの方が多くなっているのはビタミン不足が原因かもしれませんね。

ビタミンA(脂溶性)

【働き】

視覚・聴覚・味覚の維持、生殖機能、免疫機能、粘膜や軟骨の形成、発がん予防

【不足すると】

夜盲症、視力、聴力、味覚異常、性機能退行や不妊、気道や消化管や皮膚の感染症、尿路結石、関節の痛み、上皮性がん、皮膚角質化

【多く含む食べ物】

レバー、バター、チーズ、牛乳、卵

ビタミンC(水溶性)

【働き】

コラーゲン合成、抗ウイルス作用、ステロイドホルモン合成、エネルギーづくり、解毒、発がん予防(抗酸化作用)

【不足すると】

壊血病、骨軟化、感染症、疲労、不妊、肝機能低下、白内障、高脂血症

【多く含む食べ物】

イチゴ、レモン、柿、パセリ、ブロッコリー、ピーマン、イモ、緑茶

ビタミンE(脂溶性)

【働き】

ステロイドホルモン合成、解毒、抗血栓作用、血液循環を正常にする、抗老化、抗ガン

【不足すると】

不妊、流産、血栓症、動脈硬化、高脂血症、感染症、がん

【多く含む食べ物】

アーモンド、大豆、コムギ胚芽、落花生、ウナギ、エンドウ豆、シジミ、アユ

ビタミンB1(水溶性)

【働き】

ブドウ糖利用、アルコール分解、神経機能の維持(伝達物質)

【不足すると】

疲労、倦怠、動悸、息きれ、筋力低下、脚気、物忘れ、イライラ、居眠り、脳症

【多く含む食べ物】

豚肉、焼きのり、ゴマ、落花生、ウナギ、タイ、卵

ビタミンB2(水溶性)

【働き】

脂肪酸利用、エネルギー作り、解毒、生殖や成長を助ける、免疫力を保持、抗酸化作用

【不足すると】

粘膜や皮膚や眼の炎症、ニキビ、疲労、体重減少、流産、感染症、うつ、知能遅れ

【多く含む食べ物】

焼きのり、干しシイタケ、アーモンド、納豆、卵、豚肉、牛乳

ビタミンB6(水溶性)

【働き】

アミノ酸利用、神経伝達物質の合成、免疫機能の維持、造血、抗炎症作用

【不足すると】

動脈硬化、つわりや痙攣、感染症、貧血、関節炎、喘息

【多く含む食べ物】

イワシ、大豆、クルミ、バナナ、豚肉、ジャガイモ

ビタミンB12(水溶性)

【働き】

エネルギーづくり、神経の修復、生体リズム調節、免疫機能の維持、造血

【不足すると】

倦怠、脱力、知覚異常、神経痛、睡眠障害、染色体異常、悪性貧血、関節痛

【多く含む食べ物】

牡蠣、魚の卵、ニシン、サバ、豚肉、イワシ、卵

更年期障害、慢性関節リウマチ(40代女性)の解決のヒント

このようなことでお悩みんではありませんか?

このようなことでお悩みではないですか?
  • 顔がほてる
  • 運動をしていなくても汗をかきやすい
  • 腰や足や手は冷えている
  • 何もしていなくても息切れや動悸することがある
  • 寝つきが悪く、睡眠が浅い、夢をみる
  • イライラして怒りっぽい
  • 憂鬱になる
  • 頭痛、めまい、吐き気が時々する
  • 肩こり、手足の痺れや震えがある
  • すごく疲れやすい、寝ても疲れがとれない

当院にお越しくださっている方

これに加えてこの方は慢性関節リウマチを発症されておられます。

慢性関節リウマチ特有の指の変形などは、まだみられていませんが、朝のこわばりや左右の指の第二関節の痛みがあります。整形外科で診断されました。

リウマチとは「流れる」という意味があるそうです。

指の小さい関節から膝などの大きな関節に移動していくという意味だそうです。
若い女性に多いのは自己免疫疾患です。
本来、外からの敵に対するカラダの中の兵隊さん(免疫)が間違って自分自身の体を攻撃してしまいます。
女性に多いのは、免疫力がもともと高いからと考えられます。
アレルギーは外から敵が入ってきたときだけ反応しますが自己免疫は常に体の中に敵がいると勘違いしているので、ずっと攻撃してしまうのです。
薬はステロイド系を処方されるそうですがステロイドは炎症を抑える作用がありますが同時にプロスタグランジンという物質を作れなくさせる効果もあります。
プロスタグランジンは痛みを強めたり、炎症を引き起こす作用があります。
(薬に関しては医師か薬剤師にご相談ください)

炎症を起こした関節が痛みやすいのは関節の中(関節腔)に活性酸素を取り除く酵素がないためだそうです。
したがってスカベンジャーを大量に摂取して活性酸素を除去できれば炎症は鎮まり痛みは和らぐと言われています。
スカベンジャーを摂取するのはビタミンEを直接塗るのも効果があるそうです。
ビタミンE脂溶性なので皮膚から体内にしみこんでいくそうです。

スカベンジャー(活性酸素を除去する)を摂取する

ビタミンC

レモン、イチゴ、ミカン、柿、パセリ、トマト、ブロッコリー、ピーマン、サツマイモ、緑茶

ビタミンE

アーモンド、コムギ胚芽、大豆、落花生、ウナギ、シジミ、カツオ、アユ

カロチノイド

緑黄色野菜、柑橘類、抹茶、赤みの魚、海藻、卵黄、魚の卵

ポリフェノール

ゴマ、緑茶、赤ワイン、コーヒー、生姜、香辛料、ハーブ

1回目の施術

痛みによる可動域制限が強かったです。
痛みがあると防御反応で筋肉が硬くなってしまいます。
すると血流が悪くなり、酸欠状態になります。

施術後の反応

少し、全身が柔らかくなりました。

2回目の施術

睡眠が取れるようになったとのことでした。

施術後の反応

痛みはまだありますが少し楽になった感じだと言っていただけました。

3回目の施術

身体が柔らかくなってきました。
時間はかかりますが変化がみられたので続けてきていただけることになりました。

その後の施術

継続的に間をあまりあけずに来ていただいております。
そのおかげで痛みで夜中起きることもなくなりました。
徐々に痛みが軽減しているそうです。

笑顔になっていただいて良かったです。

更年期の不定愁訴でお悩みの方

まとめ

  • リウマチの場合でもタンパク質をしっかり摂取することが大切
  • 更年期障害ではタンパク質、イソフラボンなどの大豆製品がおすすめ
  • 鉄不足でも症状が出る場合がある
  • 施術で体を整えることは重要

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

ダイエット不安障害健康情報全身調整整体女性の悩み妊活強迫性障害心臓がバクバクする息苦しい更年期の不調生理痛発達凸凹眠れない社会不安障害自律神経整体
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました