▶▶当院のコロナ対策

パニック障害の原因は何?なりやすい人の特徴を知りたい!薬をたくさん飲んでいる方の解決のヒント

5年前からパニック障害で悩んでいます。

動悸や息苦しさがあり、汗がすごくでることもあります。

心臓がバクバクします。

心療内科で薬ももらっています。
どうしたらいいですか?

このようなお悩みを解決します。

5年前からパニック障害でお悩みの女性です。
音楽をされていてフルートを吹いておられます。
パニック発作が起こると過呼吸、息苦しさがあります。
ストレスを受けやすく、執着しやすいタイプだとご自分でおっしゃっていました。
当院で6回施術させていただき、少し変化がみられ笑顔になっていただけました。
その後も継続して2週間に1度、メンテナンスで継続していただいております。
同じようにお悩みの方は、どうぞご覧になってください。

この記事を読んで欲しい方

パニック発作で日常生活に支障が出ている方

疲れすぎたら発作が起こりやすい?

疲れすぎると発作が起こりやすいとおっしゃられました。
これは、体力と関係します。
体力には治癒力、運動力、免疫力、調整力があります。
だから体力が減ると治癒力、調整力などが働きにくくなるのです。

すると脳も誤作動を起こしやすくなります。
そして、不安になり、発作も起こりやすいのです。

最初に発作が起こった5年前にも仕事で疲れすぎていて、趣味のフルートの演奏会があり、夜通し練習していた時に、起こってしまったそうです。

症状はこんなにある!

30代の女性、会社員です。症状はたくさんございます。本当にお辛くて大変です。

  • 頭痛(頭痛薬が手放せない)
  • めまい、立ちくらみ、低血圧
  • 首痛、肩こり、背中の痛み
  • 食欲不振(食べれる時と食べれない時の差が激しい)
  • 冷え(足の先がキンキンに冷える)
  • 下痢(長期に渡りずっと下痢)
  • 不眠症(眠れない、寝ても中途覚醒を3回以上する)
  • 足のむくみ(足が重く、歩くとふわふわする)
  • 腰痛(たまにギックリ腰になる)
  • パニック発作(息苦しい、動悸)
  • 眼精疲労(目の奥の痛み、目がピクピクする)

趣味を楽しむことが解決に繋がる

趣味は楽器演奏です。
フルートという楽器を吹かれております。
施術を受けられてから、音が伸びるようになったと褒めてもらったそうです。
私もとても嬉しいです。

この趣味が解決のヒントになると信じております。

施術を受けて、変化があった!

当院は全身の調整をさせていただいております。
骨格、筋肉、血管、リンパなどのバランスを調整してまいります。その方の持っておられる治癒力を最大限に引き出すことを目的としております。ですので正常に機能するように施術させていただいております。

その方の持っておられる自然治癒力が増えるように生活習慣にもアドバイスさせていただいております。いくら施術しても寝不足などで体力が低下してしまうと自然治癒力が低下してしまうからなのです。

例えば、水槽に水が入っているとします。水槽自体がその方のもっている自然治癒力のレベルだとします。中の水が体力だとします。

ここで水槽の水が漏れていたとします。また蛇口がついていて中の水が減っていたとします。すると体力が減るわけですから、どんどん症状が悪くなってしまいますし、良くなっていかないのです。

修繕したところをしっかりと補強し続けないといけませんし、水槽を丈夫で大きなものにできたら、もっと水も入れることができて体力を増やすことができるかもしれないのです。

この修繕したものを妨げてしまうのがカフェインです。カフェインは修繕したテープをはがしたり、蛇口をひねって水を出してしまう働きがあるのです。つまり体力を減らしてしまのです。

そして不良姿勢や睡眠障害、スマホやパソコンなどの電磁波、カフェインや添加物や人工甘味料や白砂糖や小麦などの食べ物、タバコなどがすべて体にとってストレスとなり体力を減らしてしまうのです。まずはそれらを見直すことが大切です。

施術による変化を感じる

当初、可動域は平均よりもかなり動きが悪かったです。

首は左回旋64度、右回旋56度。
腰は左回旋42度、右回旋42度でした。

最近では、首の左回旋87度、右回旋87度。
腰は左回旋72度、右回旋74度です。これは施術前の数値です。

ご本人も納得の可動域の変化でした。
そして、指標もたくさんあったふくらはぎの痛みも、ほぼなくなり、姿勢もできてこられております。
肩も首もほとんど指標がなくなりクリアを維持しておられます。

もっと早く来ればよかった!

背中の上の方の可動域が硬く、息苦しいのがあったのですが、最近は少し工夫をさせていただき、とっても動きがよくなられました。

呼吸が楽になられたそうです。
だから音楽のフルートの方も、とっても良いパフォーマンスを出せているんですね。

「もっと早くくれば良かった」と有り難いご感想をいただきました。
週5回ほど飲まれていた、パキシル、レキソタンなどのお薬は現在、服用しなくてよくなったそうです。

なにより、自分に自信が少しづつ持てるようになったと言っていただきました。
まだまだ波はあることをお伝えしておりますが、前向きになられたので、本当によかったです。

良くなりにくい場合の精神的ストレスへの対策の必要性

なかなか良くなりにくい方は、表には出て来ていない精神的ストレスが原因となっていることがあります。この精神的ストレスを解決していかないと、なかなか症状も改善されないことがあります。

精神的ストレスにも種類がいくつかあります。

  1. 今、悩んでいること、嫌だと感じていること、人間関係などが原因のストレス
  2. 過去の体験から、この道で発作が起こったから、また起きたらどうしようなどという予期不安など、思考からくるストレス
  3. トラウマなどの過去の経験からくるもの、辛すぎると感じにくくしたり、思い出しにくくしたりして、心の奥にしまい込んで抑圧していることがあるストレス

①現在のストレスの対策

コミュニケーションによるものが多いです。

例えば、2人兄弟で育ったとします。兄はいつもお母さんから「お兄ちゃんなんだから我慢しなさい」と言われてきました。
そうすると我慢するのが当たりまえになってしまいます。兄は常に我慢しますので、腹が立っても、我慢します。これが身体に反応して肩コリ、頭痛などの症状となってしまうのです。

このように育った環境の男性と、姉妹の妹が結婚したとします。
そんな違った環境で育った場合は、例え夫婦でも価値観なども違って当然なのです。
まして相手は経営者の家庭で育ち、こちらは会社員の家庭で育ったとしたら、考え方や価値観も変わって当然といえるのです。

他人を変えることは難しいといいますが、まさにその通りで、自分が変わらないと解決しないことが多いです。自分と同じように考えているだろうという期待が怒りになったりするのです。

なんでわかってくれないの」ということになるのです。

このことを認識すれば夫婦であっても他人は他人ということになり、簡単ではないですが少しづつ怒りも減ってくるものなのです。
また他人の問題を自分の問題とすり替えたりすることもストレスになりますので注意してください。善意であってもストレスになるのです。

例えば、子供が登校拒否で学校に行かないとします。すると何でこの子は学校に行かないのだろうと親だったら思ってしまい、子供に罵声を浴びせたりすることもあるかもしれません。でも学校に行くのは子供の問題なので、親の問題ではないのです。
親の体裁、周囲の目が気になるという親の問題ではないのです。

②思考のストレスの対策

育ってきた環境や出会った人の影響を受けて「認知」というものが生まれます。当然、自分が正しいと思い込みます。
しかし、その「認知」には「歪み」があるということも知っておいてください。

「認知の歪み」は極端すぎる考え方のこともあります。
完璧主義でゼロが百か、全か無か、白か黒か、全て自分の責任、過小評価、マイナス思考、極端な一般化、選択的に抽出、いろんな歪みがあります。

この思考が間違ってないだろうかと、一旦、考えることも必要なのです。
がんじがらめになっていると、身体の力も抜けにくい人が多いです。
リラックスできるように体操するのもオススメです。

③過去のトラウマの対策

過去のトラウマなどは、かなり深い部分に入り込むこともあります。
生まれて育った親との愛着の問題にまで踏み込むこともあります。
かなり大変んですが、親子関係の修復ができ、その後の人生が大きく変わられた方もいらっしゃいます。
必要があれば、ワークやカウンセリングをさせていただきますので、どうぞご相談ください。

辛すぎる事が長く続くことが原因

例えば、こんな辛いことを長くしてきたとします。

  • 子供の時に親から虐待を受けていた
  • 小学生の時にいじめを受けていた
  • 親から褒められたことがない
  • 発達障害があり友達が一人もいなかった
  • 自分は孤立していて好きな人も仲間もいない
  • 仕事をしていても仲間はずれにされた
  • 妬みや恨みなど陰で悪口を言われ続けた
  • 親友だと思っていた人に裏切られた
  • 毎日の仕事が忙しすぎて疲労困憊で倒れるように眠る
  • 仕事で嫌味を言われ続けて耐えられない
  • 自分は真面目に仕事をしているのにサボる人が居て毎日イチイチ腹立たしい
  • 段取りよく仕事をやったらいいのにサボる人が居てイライラする
  • 姑さんから暴言をはかれ続けて、ここに居たくなくなる

こんなことが続くと、体は無意識にこんな辛いことから逃げ出して、考えなくしようとして、いろんなことを感じなくしようとしてくれます。これを「解離かいり」といいます。

この解離は、あなたの命を守るために必要なことだと無意識に脳と体がやってくれているのです。
このような状態になるということは、考えたら辛い、思い出したら辛い、自分の意見なんて言わない方が良い、イライラしたり不安になったりしたら辛いので感じない方が良いとなってしまう状態なのです。

苦痛から逃れる反応=命を守る反応なのです。

解離の時に起こりやすい症状

解離とは感じにくくする反応ですから次のようなことが起こることがあります。

解離の症状
  • 味がわからない
  • 記憶力が低下(思い出したくないことが多いから)
  • 足元の感覚が低下して「ふわふわ」する
  • 力が入らない、歩きにくい、ふらふらする
  • 肩こりがわからない
  • 頭痛や目眩がして起き上がることができない
  • 痺れや震えが出て体がうまく動かせない
  • 電池が切れたように倒れるように眠る事がある

このような症状が出ている方は要注意です。

解離の状態に注意しなければならない理由

感覚や痛みがわからなかったら怖いということは理解できますでしょうか。

例えば「熱い」という感覚がわからなかったとします。

ヤカンに手が触れてしまいました。すると火傷してしまいます。それでも手を離さないともっとひどくなってしまいます。感覚が感じなくなると「痛み」「熱い」「冷たい」などがわからなくなり、センサーが働きにくくなって、重い結果となってしまうかもしれないのです。

だから感覚を感じることが大切なのです。
また施術を重ねていき感じれるようになってくると、今まで感じれなかったことが感じるようになることが、よくあります。

  • 肩こりの症状は良くなっているのだが、新たに腰痛が出てきた
  • 目眩はマシになったが膝の痛みを感じるようになった

みたいな感じで、今まで辛すぎたのが感じれるようになったということは、よくあることなのです。
良くなっている証拠だと思ってください。

歩くとふわふわして足に力が入らない

まとめ

  • パニック障害には自信をつけることが大切
  • 呼吸を整えるために整体を受けることが必要
  • 精神的ストレスを知り、対策することが大切

自律神経を整えて心身共に健康になる話

メルマガの主な内容は、自律神経の乱れから起こる症状を自分で簡単に解決する方法です。
頭痛、めまい、起立性調節障害、息苦しい、不安、パニック障害、自律神経失調症、うつ病などでお悩みの方は、特に必見です。
お読みいただくとストレスの解消法、対処法、体操などを知ることができ、お悩みを解決するヒントとなります。
是非とも、この機会に、登録してみてください。

週に1通程度のペースで配信する予定です。当メルマガは完全無料でございます。

当メルマガでは、ご登録いただいた個人情報は、ご本人の承諾がない限り、第三者に開示、提供を一切行いません。管理は責任をもって行っております。安心して、ご登録してください。

当院で”良くなる”3つの理由

①整体を受けていただけますと、血流が上がります

脳の管理能力が正常になります。
脳が正常に働くには「酸素」「栄養分」と「正しい刺激」が必要です。血流が上がりますと「酸素」「栄養分」が供給されやすくなります。
正しい刺激」は背骨を調整することで、脳へ届けられます。
脳の管理能力が正常になりますと、神経伝達がスムーズになりますので、自律神経の乱れも整いやすいのです。

②リラックスできます

整体を受けられますと睡眠の質が上がったり、ストレスが和らぎます。
ストレスを受け続けますと副腎皮質からのストレス対抗ホルモンの分泌が低下してしまいます。
当院の施術は副交感神経を優位に働かせる施術です。
メンタル面からストレスを解消するワークをしたり心理セラピーも専門的に学んでおりますので安心してください。
身体全体と心も整体で整えることで副腎皮質の機能を回復させることができるのです。

③徹底した生活習慣の指導で良い状態を維持

一度、整体を受けたら身体の調子がずっと良いということは、なかなか難しいです。
ですので、生活習慣、とくに睡眠、姿勢、食事、運動などに注目し、しっかりとお伺いして修正させていただきます。
セルフケアがとても大切です。
このセルフケアがきちんとできましたら「疲れても寝たら治っている」という健康な状態を維持することができるのです。

めまいパニック障害不安障害冷え心臓がバクバクする息苦しい眠れない自律神経失調症自律神経整体頭痛
スポンサーリンク

はじめまして、おおくま整骨院、院長の
大熊 達也と申します。

この度は当院のホームページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

私はあなたのお役に立てますように全力でサポートし最善を尽くします。

完全予約制、駐車場もあり、駅からも近いです。お子様連れでも大丈夫です。どうぞ安心してご来院ください。ご来院を心よりお待ちしております。

  • 柔道整復師
  • DRTマスターインストラクター
  • 自律心体療法会員
  • KOBA式体幹バランスBライセンス
  • JCCAキッズスペシャリスト
  • JCCAひめトレインストラクター
  • JCCAベーシックインストラクター
  • セロトニンDoJo
  • 初級心理カウンセラー
  • 動体療法 基礎応用終了
  • さとう式リンパケア上級
  • 日本推拿研究会中級

シェアしてください
大熊 達也をフォローする
スポンサーリンク
東大阪で自律神経の整体なら【おおくま整骨院】|若江岩田駅歩3分
タイトルとURLをコピーしました